必携!これだけは揃えておきたいゴルフ道具まとめ

ゴルフ道具は、ゴルフクラブ、ティー、ボールマーカーなど様々なものがありますが、コースデビューしたての頃は全て揃える必要はあまりありません。今回はゴルフ道具で揃えおきたいものを4つまとめました。

ほとんどのゴルフ用品はレンタル可能

ゴルフクラブやティーグラウンドで使用するティー、グリーン場で使用するボールマーカーなどは、ゴルフ場でレンタルすることができます。また、ゴルフ練習場、ゴルフスクールでもゴルフクラブをレンタルすることができるほか、練習場やスクールによっては、ゴルフグローブやゴルフシューズをレンタルすることもできます。

最初のうちはゴルフクラブはレンタルなどで済ませ、慣れてきてからゴルフクラブを購入するのも上達への第1歩です。

ゴルフグローブ

ゴルフグローブは、ゴルフクラブが滑ることを防ぎ、手にかかる負担を和らげる効果があります。グローブには、天然皮革、合成皮革の2種類あります。天然皮革は薄く柔らかく、手になじみやすいです。合成皮革は、汚れやカビに強く、天然皮革と比べてお手頃です。

ゴルフボール

ゴルフボールは、ゴルフ場でプレーするのに必要不可欠な道具です。ゴルフボールはスピン系とディスタンス系の2種類あり、グリーンに乗せるアプローチショットでボールをピタッと止めたい人はスピン系、とにかく飛距離を稼ぎたい人はディスタンス系のゴルフボールがおすすめです。

ゴルフボールは新品だけではなく、中古品のロストボールがあります。新品よりもお手頃なので、ゴルフ場でのプレーに慣れてないうちは、ロストボールを購入してボールをたくさん持っておくと安心できます。

ゴルフシューズ

ゴルフシューズも自分に合ったものを揃えておいた方が良いでしょう。ゴルフ場でもゴルフシューズをレンタルできることが多いですが、種類によっては歩きにくく疲れてしまうことがあるほか、グリップ力に物足りなさを感じることもあります。スイングに集中するために、ゴルフシューズは揃えておきましょう。

ゴルフウェア

ゴルフウェアはゴルフ場でプレーするために必ずゴルフウェアを着用する必要があります。ゴルフをプレーするときには、ドレスコードがあり、Tシャツやジーパンなどを着用してプレーすることができません。ゴルフ場でプレーするときのドレスコードは、「襟付きのシャツ」「ジーパン以外のロングパンツ」「ハイソックス」「短すぎないスカート」などです。

最近ではロングパンツではないハーフパンツでもプレーできるゴルフ場も多くなってきていますが、名門ゴルフ場では、プレーできないこともあるので注意しましょう。

ゴルフを始める前に4つのゴルフ用品を揃えて、楽しいゴルフライフを初めてみてはいかがでしょうか?