ゴルフが上達するボール選び編Part1

ゴルフを始めたい、始めたけど今さら聞けないそんなあなたが一から学べる初心者ゴルファーのためのゴルフクラブの選び方。ゴルフ上達のコツは、上達しやすいクラブを使うこと。今回はボールの選び方をお教えします。

ボールはなんてなんでもいい、はマチガイ

ゴルフを初めて驚くのは、道具の値段が高いこと。クラブはもちろん、ゴルフボールの値段も一個500円以上するものもあります。初心者は池やOBなど、ボールが無くなる頻度が高いので、負担は小さくありません。

ボールの性能は『何でも変わらないよ』と言う人もいますが、ゴルフの上達にはボール選びが大切。初心者にとって大切なボールの選び方をお教えします。

ゴルフボール、使っていいものダメなもの。

『どうせすぐ無くなるから、なんでもいいだろう』そう思う気持ちもわかります。目の前に池があると、何故か上手く打てず池に奉納してしまう。広いホールではまっすぐ飛ぶのに、狭いと曲がってOBになってしまう。それがゴルフの怖いところ。

ボールは、最新モデルだけでなく、旧モデルを安く打っているものもあります。さらにロストボールといって、誰かがコースで無くしたボールを綺麗に洗浄してから、販売しているボールもあります。

なぜロストボールはオススメしないのか?!

ゴルフショップに行くと様々なロストボールが並んでいます。綺麗なものは、数が少なくても値段が高く、そうでないものは安く大量にパックに入って販売されています。綺麗なものは『新品』と見分けがつかないことも少なくありませんが、そもそも、どういう状況で見つかったかわからないボールです。

1度しか打ってないけど、水の中に長期に放置されていたボールかもしれません。性能の劣化は外からはわかりにくいものです。最近の高性能のボールは性能劣化も少ないですが、出来れば新品のボールを使いましょう。

新品ボールと言っても、最新モデルを使う必要はありません

新品ボールも、最新モデルから一つ前のボール、一流メーカーなのに聞いたことがないボール(テレビや、雑誌などで宣伝していない)まで幅広くあります。実売価格も1つ700円前後から150円前後と幅広くそろっています。

ボールは劇的に進化していますが、極端に年代や性格の変わらないボールであれば、初心者ゴルファーが大きな性能差を感じることは難しいと思います。コストパフォーマンスの高いものから、気に入ったボールを選ぶのが良いと思います。

ボールは飛距離とスピン性能、そして打感のどの部分を優先するかで価格が決まります。プロが使っているボールがあなたにとって一番飛ぶボールでは無いのです。