マナーを守ってゴルフを楽しもう!「目土袋」の使い方まとめ

目土袋とは、ゴルフのショットの際に、コース上の芝を削ってしまったときなどに使う目土を入れておく袋のことを指します。ゴルフは紳士のスポーツです。「目土袋」の使い方といった、基本的なマナーをしっかりと覚えてくと、社会人としても一人のゴルファーとしてもスマートでセクシーな人であると評価してもらえる人になれるかも・・・。

目土袋はみんなが持っているもの?

目土袋はキャディさんに同行してもらう場合は、キャディさんが持っていてくれますし、目土自体も、キャディさんがやってくれます。

しかし、最近では、自分たちだけでホールをラウンドするセルフプレーが流行っており、目土を自分たちでやることが増えてきました。

その場合、目土袋は、カートに備え付けられており、ショットで芝をえぐってしまったときなど、自分で目土をする必要があります。

ただし、カートに備え付けられている目土袋は、もちろんひとつだけですし、それをラウンドしているみんなで使いまわすのは結構な手間です。

また、ずっと持ち運ぶのにも適したものではないため、カートに忘れてきてしまう……なんてこともしばしばあるのではないのでしょうか?

そこで、最近はmy目土袋を持っている人も増えてきているようです。my目土袋は、持ち運びやすいですし、ファッションアイテムとしても優れています。

目土の補充は?

目土袋は、さまざまなゴルフアイテムメーカーで販売されており、ゴルファーたるものひとつは持っておきたいものです。それでは、目土袋はどのように使用すればいいのでしょうか。

ここからは「目土袋」の使い方について触れていきましょう。

ディボット跡(ショットでえぐれた穴)を埋めるための目土は、ゴルフ場が数ホールごとに用意しています。それを自分の目土袋に補充しておいてください。目土袋の大きさは、20センチ四方程度ですし、なかに入れる目土も、そのラウンドの間で持てば良いだけの量ですので、大した荷物にもなりません。

目土をするタイミングは、アイアンやウッドなどのヘッドが地面をえぐってしまった時です。地面がえぐれると、芝がめくれ上がってしまいます。

これを放置しておくと、芝が枯れてしまうだけでなく、次のプレーヤーがその穴にボールをはめてしまう可能性もあります。

これでは、マナー上の観点からも失格ですし、次にそのホールを回るプレーヤーやゴルフ場にも迷惑をかけてしまいます。しっかりと、目土をしてフェアウェイの整備とコース環境の保全を心がけましょう。

目土の補充は?

目土袋は、さまざまなゴルフアイテムメーカーで販売されており、ゴルファーたるものひとつは持っておきたいものです。それでは、目土袋はどのように使用すればいいのでしょうか。

ここからは「目土袋」の使い方について触れていきましょう。

ディボット跡(ショットでえぐれた穴)を埋めるための目土は、ゴルフ場が数ホールごとに用意しています。それを自分の目土袋に補充しておいてください。目土袋の大きさは、20センチ四方程度ですし、なかに入れる目土も、そのラウンドの間で持てば良いだけの量ですので、大した荷物にもなりません。

目土をするタイミングは、アイアンやウッドなどのヘッドが地面をえぐってしまった時です。地面がえぐれると、芝がめくれ上がってしまいます。

これを放置しておくと、芝が枯れてしまうだけでなく、次のプレーヤーがその穴にボールをはめてしまう可能性もあります。

これでは、マナー上の観点からも失格ですし、次にそのホールを回るプレーヤーやゴルフ場にも迷惑をかけてしまいます。しっかりと、目土をしてフェアウェイの整備とコース環境の保全を心がけましょう。