難易度高め?「マッスルバックアイアン」ってなに?

アイアンの種類はたくさんありますが、中でもマッスルバックアイアンは難しいとされています。クラブヘッドの小ささから、インパクトの位置を少しでも間違えるとすぐにミスショットになってしまうからです。しかし、このアイアンを使いこなすなら大きくスコアアップも期待できます。

アイアンの使用頻度は非常に高い

アイアンとは、ドライバーほど派手に飛距離を出すクラブではないかもしれませんが、コースに出ると一番使用すると言っても過言ではないほど使用頻度の高いクラブです。

むしろ、アイアンの扱いが上手くなければ、ドライバーでいくら飛距離伸ばしてもスコアは決して良くならないでしょう。

そのため、目標としているところまでスコアアップを目指すには、まず、アイアンの扱い方に慣れておかなければなりません。

扱い方を知るためには、自分のスイングの形はもちろんですが、持っているアイアンの種類と特徴を葉愛くしておくことも大切です。

扱いが難しいマッスルバックアイアン

アイアンの中でも一番扱いが難しいと言われているのが、マッスルバックアイアンです。

その扱いにくさからプロ仕様とか上級者向けと言われてきました。

なぜマッスルバックアイアンが難しいかというと、クラブヘッドが小さいためです。そのため少しでもインパクトの位置がずれてしまうと、すぐにミスにつながります。

クラブヘッドが小さいということは、重心距離が短くなり自分が予想していた動きをしてくれない確率が高くなります。

そのため、他のアイアンではミスにはならない程度のズレでも、マッスルバックアイアンを使用しているとミスショットになってしまうのです。

他のクラブは、多少のインパクトのミスはカバーしてくれるヘッド形状になっていますが、マッスルバックはそのミスをカバーするのではなく、露呈するアイアンと言えます。

しかし、ナイスショットの時の打感やその軌道は他のアイアンにはまねできない気持ちよさを感じさせてくれる事でしょう。

他のアイアンのほうが扱いやすく、使いたくなるかもしれませんがあえてマッスルバックに挑戦する事はそれだけの価値があります。

マッスルバックアイアンを使いこなす

マッスルバックアイアンは扱いにくいとはいえ、扱えるようになるととても強い武器となります。

なぜならヘッドが小さい分、操作性に優れているとも言えるからです。

しっかりと練習をすれば自分の思い描いた軌道でヘッドを運ぶことができます。

また、ラフにつかまった時でもヘッドが重たくて抜けがいいため、ダウンブローでボールを捉えると豪快にターフが取れます。

他のアイアンに比べて上がりにくいイメージがありますが、正しく扱うと重心深度が深くなり、ボールが上がるようになります。

マッスルバックの練習でスイング自体の精度を鍛える

マッスルバックの扱いにくさを生かして練習への意欲を高めるのもよいかもしれません。

マッスルバックを使いこなすというのは、ゴルフ経験者にとっては一つのステータスになります。

その扱いにくいアイアンを使いこなすことを目標にすれば、主ずと練習場に足が運ぶかもしれません。

マッスルバックを使いこなすには、クラブコントロール技術、しっかりとした重心移動と軸回転、手首の適切な移動の仕方など、体全体の動きから見直していく必要があるかも知れません。

そのため、マッスルバックアイアンを比較的自由に操れるようになると、他のクラブを扱う際にも変化を感じ取れるはずです。

実際、マッスルバックアイアンは難しいとはいえ、練習を重ねることによって、ドライバーショットまでも向上したという方は少なくありません。