オシャレなゴルフ用ネームプレートってどんなもの?

ネームプレートは、ゴルフバッグの所有者を分かりやすくするためにも、付けておくのがマナーです。そのデザインに決まりがあるわけではないので、自由におしゃれを楽しめるアイテムでもあります。今回はゴルフ用のネームプレートについてまとめました。

ゴルフバッグにネームプレートがあると便利な理由

多くのプレーヤーはキャディーバックに必ずといっていいほど、ネームプレートを付けています。その理由は簡単で、ほかの人のクラブを誤って使用しないようにするためです。同じゴルフバッグを持っていたら、ほかの人のクラブを使ってしまう危険性も高まります。また、キャディー同伴の場合は、プレートが付いていれば、キャディーもクラブを間違えることが無くなります。スムーズにラウンドプレーするためにも、ネームプレートはマストアイテムです。最近は、そのデザインにこだわり、おしゃれを楽しむ人も多いようです。

素材は様々あり、自分の好みで選べる

ネームプレートにデザインや素材などの決まりはありません。自分の好きな素材のものを選ぶことができます。代表的な素材は、プラスチックやアクリル、皮、木材などがあります。雨にぬれても変色や劣化の無いプラスチックやアクリルが人気のようです。ただし、皮や木材などを使用したネームプレートは独特の味わいがあります。実用性とオシャレ度を考えながら、自分の好みのものをつけるのがオススメです。さほど高価なものではないので、気に入らなければ、付け替えればいいだけの話です。

ネームプレートはデザインが豊富

ネームプレートにはサイズにも決まりがありません。自分の好みのデザインのものをつけて楽しめます。販売されているプレートのデザインも豊富で、名前だけが記載されたシンプルな角型、かわいらしい丸型、メダル型など様々です。最近の若い女性の中には、装飾パーツでデコレーションを行う人もいます。キラキラと装飾すれば、遠くからでも自分のバッグがわかり、キャディーが自分のクラブを取ってくれているかの確認も容易になりそうです。コダワリ派の人は、手作りやオリジナルデザインを特注する人もいます。

フォントや装飾で個性を出す!

記載する名前も演出を施して個性を出すこともできます。名前の記載方法も決まりが無いので、ローマ字表記、漢字表記、ひらがな表記など様々です。どの表記を選んだとしても、使用するフォントでさらに個性を演出可能です。名前は自分で記載するタイプと、刻印するタイプがありますが、最近はお店で刻印してもらったとしてもさほど高価にはなりません。雨にぬれたりしても名前が消えないように刻印してもらった方が得策です。最近、ちょっと流行しているものは木彫りのネームプレートで、独特の味わいのある名前表記が人気になっています。お守りのようにも見えてご利益がありそうですね。

今回紹介したポイントを確認し、ネームプレートをつけてみてはいかがでしょうか?