プロのゴルフセッティングから学ぶ上達のポイント

ゴルフ上達のためのセッティングには、自分に合ったクラブをそろえることも大事ですが、その日のコンディションに合わせて色々模索してみるのもゴルフの魅力です。今回はクラブのセッティングについてまとめました。

スコアを良くするには、自分にあったクラブ選びから

ゴルフを初めて半年くらいしてくると、スコアの伸び悩みにおちいる人もいるかもしれません。そんな人は、クラブが自分に合っているのかどうかをもう一度見直してみてはいかがでしょうか。特にクラブを適当に選んだ人などは、ぜひとも見直してほしいです。クラブを選ぶ際には、重量・フェースの向き・ロフト角・ライ角・シャフトの長さなど自分に合ったものをチョイスする必要があります。決して高価なクラブが良いショットを打てるわけではないということは覚えておいて損はありません。

他者のセッティングリストを参考にする

クラブセットをそろえるに当たり、コースを一緒に回った人のセッティングリストを参考にしてみましょう。決して派手さは無くても、細かに刻み着実にパーを獲得している人は、案外アイアンのラインナップが充実しています。また、プロプレーヤーのセッティングリストを調べてみると、そのリストに個性が表れているのに気づくかもしれません。基本的には、自分の得意分野のクラブを充実させるのがハイスコアへの近道です。

ロフト角でクラブを選ぶ理由とは?

ロフト角は飛距離をコントロールするのにとても重要な要素です。同じ人がショットした場合、1度のロフト角の違いで飛距離は1ヤードから3ヤード変わってきます。一般的にはヘッドスピードが遅い人ほどロフト角の飛距離への影響は大きくなります。人によって、スイングにクセがあり、被せ気味にスイングする人・すくい気味にスイングする人など様々です。よって、色々なクラブを試してみて、自分のスイングで狙った飛距離が得られるロフト角のクラブを見つけることが得策です。オススメなのは、スイング解析機を導入したショップでクラブを選ぶことです。

自分の感性を信じる!セッティングに正解はない?

ゴルフクラブのセッティングは、コースに持ち込めるクラブ本数が最大14本までという決まりがあるのみで、その内訳については定められていません。どの組み合わせで回れば高スコアが狙えるのか、それは、自分の経験に頼るのがベストです。自分のベストのセッティングを解析したい人は、ゴルフナビなどで取得した過去のプレーのデータを参照すると分かります。ただし、ゴルフプレーには、その日の自分の体調や天候など、ゴルフの技量とは別の要素もスコアに影響を与えます。よって、万能なセッティングを一概にいうことはできません。その日のコンディションを考察しながら、いろいろ試してみるのがオススメです。

様々な組み合わせでコースを回り、豊かな経験を積み上げていくことをオススメします。