雨天時は大活躍!ゴルフ用カッパの利点とは?

雨の日のゴルフプレーは、ゴルフ用のカッパを用意しておくと、快適に行えます。ゴルフ専用カッパを選んでおけばスイングにも支障がありません。今回はゴルフ用のカッパの利点についてまとめました。

意外に活用されていない?レインウェア

ゴルフコースの予約は、早めに行うことが多いです。よって、本番の日に運悪く雨になってしまうこともあります。そんな日のために、ぜひレインウェアとしてカッパを用意しておきたいものです。ゴルフ用のレインウェアは、雨の日に街中で着るものとはとても形状が異なります。きちんとした上下セパレートになっているため、スイングにも影響を与えないのです。イメージはオートバイ用のカッパと似ています。何より雨に濡れる不快感から逃れることができます。

スイングに支障のないレインコートとは

レインコートを装着することでスイングに支障が出るのは避けたいものです。まず、動きやすいものであることが重要です。サイズが重要となるので、実際に試着するのがオススメです。また、基本事項ではありますが、防水性の高いものを選択しましょう。ただし、体が蒸れないように通気性の良いものを選ぶとスイングに集中できます。さらには、上半身の腕周り、お尻周りの柔軟性が考慮されている必要があります。アドレスからスイングバックした時に突っ張るような感覚がしないものが良いです。

傘をさすと筋肉に疲労感が溜まる!?

ゴルフ場で使用する傘は大きく、風が吹いても壊れないように頑丈に作られています。そのため、500グラム以上の重いものが多いです。しかも、風が吹いているときは、傘をさしているだけで腕には相当な重量がかかります。それでなくても、ゴルフプレーは、普段使用していない筋肉を使います。ゴルフプレーによる筋肉痛に傘をさしていたことによる筋肉痛がプラスされて、翌日にはひどい疲労感に悩まされます。そんな悩みを解消するためにも、カッパでのプレーが有効なのです。

見た目もスタイリッシュに!

雨の日も傘をささずに、レインウェアを装着していれば、晴れている日とさほど変わらない感覚でプレーが楽しめます。しかし、雨天は芝の走りも悪くなり、飛距離も伸びないなど、いろいろと考えることがたくさんあるため、集中力が必要です。そんな時ほど、傘を持つ煩わしさから解放されたいものです。レインウェアを着ることで、スマートなプレーが可能です。最近はおしゃれなウェアも多く、コースに彩りを添えてくれます。また、カラフルな色合いも多いので、人の判別も付けやすくなります。

カッパを用意すれば、傘を持つ煩わしさからも解放され、スタイリッシュにプレーが楽しめます。今回紹介したポイントを確認し、雨の日のプレーのためにカッパを用意しましょう!