スコアアップはまず手入れから!ゴルフクラブのメンテナンス方法

ゴルフの練習やラウンドの後、ゴルフクラブは手入れをしてあげなければなりません。そのまま放っておくと、サビが出たりします。道具を大切にすることはゴルフの上達においても重要です。上普段からピカピカにして、気持ち良くゴルフをしましょう。

フェイス部分の汚れ落とし

ゴルフクラブで一番汚れが目立つところがヘッドのフェイス部分です。直接ボールを打つ部分なので当然です。ラウンドすれば草や土が付きますし、練習場でもボールによっては白くフェイスが汚れることがあり、これは放っておくと取れなくなる頑固な汚れになります。

ラウンドの後はクラブ忘れのチェックの際簡単に拭いてもらえることが多いですが、それだけでは不十分です。まずはブラシで表面の汚れを落とします。古い歯ブラシなどでも綺麗になります。あとは専用のクリーナーを使って細かい汚れまで落としましょう。

フェイス以外の汚れも落とす

一番汚れるフェイス部分が綺麗になったら、ヘッドの他の部分もメンテナンスしてあげましょう。ドライバーのクラウン部分も初心者は汚れがちです。ここにボールが当たってしまうことがあるからです。よく拭いて磨いてください。

また、アイアンのフェイスの裏の部分も意外と汚れが溜まりますのでこの部分もクリーニングします。作りが細かいゴルフクラブもあるので、水にドボンと浸けてブラシで掃除するのもいいです。もちろんしっかり拭いて乾かしてから収めてください。

グリップ部のメンテナンス

ゴルフクラブを手で直接握るところですから手の汗や皮脂がたくさん付きます。タオルでよく拭くことが大事です。素材がゴムなのでだんだん硬くなってきます。硬くなるとしっとりと手になじむ感じが減り、ツルツルになってきます。握りが滑るとあらゆるミスに繋がりますのでそのまま使うのはやめましょう。

スイングして滑ると感じ始めたら、目の細かい紙やすりで少し擦るとフィット感が増します。ただこれは応急処置的に使うべき手で、早めの交換をお勧めします。

滑りやすくなったら交換する

ゴルフクラブのグリップは交換が可能です。すっぽり外して新しいものを装着すれば、手に馴染むフィット感が復活します。このグリップには、実に様々の種類があり、悩んでしまいます。自分のゴルフの技量や特徴をショップのスタッフによく説明し、できるだけ安くて合うものを見つけてください。

交換自体は専用のカッターで切って外し、テープを巻いて糊を付けて装着という手順ですが、これもショップに任せるのが無難です。シャフトを傷付けてしまったり、変に入ってしまったりするのを防げます。

ゴルフクラブを定期的にメンテナンスすることで、長持ちします。今回紹介したポイントを確認し、メンテナンスをしましょう!