徹底比較!シャフトごとの特徴まとめ

シャフトの特徴がわかれば、自然と選び方がわかります。自分の使っているクラブの芯が上手く当たらなかったり、思ったようにボールの軌道がいかない場合は、シャフト選びに問題があるかもしれません。

良いシャフトの特徴を見ていきましょう

現在使っているクラブが思うように飛距離が伸びない。

スイングには気を付けているけど……どうしてだろう?

こういった悩みを持っている方はいませんか?

そんなときは、気分転換にシャフトを交換してみてるのも良いかもしれません。

シャフト交換によって、ゴルフスイングが良くなることがあるものなんですよ。

シャフトは、ゴルフの専門店に行けば様々なメーカーのものが取りそろえられています。

気分転換に買い物に出かけ、気に入ったシャフトがあれば購入を検討してもいいでしょう。

しかし、シャフトは種類が豊富なので、どんな特徴があるのかわからない人も多いでしょう。

いろいろな意見はありますが、良いシャフトの条件は自分のスイングにシンクロしてくれるシャフトのことです。

もっと具体的に挙げると、自分のスイングに『しなやかさ』を加えることができるシャフトがゴルファーに求められます。

こんなシャフトを選ぶにはどうすればいいのでしょうか?

素晴らしいスイングを生む

自分に合ったシャフトに求められるのはスイングしたときに『しなやかさ』を感じることです。

自分とスイングの波長が合い、自分の持っている力を逃がすことなくスイングに伝え、ボールを飛ばすことが出来る。

これが理想的なシャフトの条件です。

自分に合ったシャフトのクラブを使えば、単純なスイングになることはありません。

あそこに飛ばしたい、スライスを感じなくなった……

ボールの初速度が速くなり、もっと自分のボールを飛ばせるように感じるのです。

シャフト選びで見ていきたいのは、重さ、種類、フレックスの3つの要素です。

この3つの特徴を見ていけば、自分のクラブを見つける手助けになるでしょう。

それぞれの特徴を見て、自分に合ったシャフトを見つける必要があります。

クラブの重さはシャフトで決まる

クラブの重さを左右するのはシャフトの重さによって決定します。

自分に合ったシャフトの重さを知ることで、理想的なクラブの重さを手に入れることができます。

一般的なドライバーなら、シャフトの重量は50グラムが理想的です。

軽くて振りやすいと感じるクラブでも、実際のプレーでは使っているうちに手打ちになり、スイングが不安点になる原因を作ってしまいます。

重いクラブは振りにくいかもしれませんが、慣れてくればスイングの安定感が上昇し、ボールに対する衝突力も増し、力強いスイングを生み出すことができます。

シャフトの特徴として、重くなると最初はヘッドスピードが落ちたりしますが、コースでは力が入るので、次第に慣れてきます。

安定したスイングを手に入れるなら重いシャフトを使いましょう。

フレックス表示を考えてみよう

シャフトの特徴として、フレックス表示に惑わされてはいけません。

フレックス表示にはメーカーやモデル間で統一した存在がまだありません。

同じフレックス表示だと思っていても内容が異なることは珍しくないのです。

あまりフレックス表示を信用せず、自分に合ったものを選ぶのが道具選びのなかで重要となります。

また、シャフトの硬さを決める目安は振動数とCFがあります。

これらの数値は数字が大きければ大きいほど、シャフトが硬いことを示しています。

モデルのたびに新しくなるクラブシャフトはこの数字を参考にして選ぶようにしましょう。

シャフトの特徴を決定するのは、重さとフレックス表示、硬さの3つの要素です。

実際に自分で確かめ、理想的なクラブシャフトを手に入れましょう。