スパイクはだめ?ゴルフシューズの種類と特徴まとめ

ゴルフ場では、サンダルなどではプレーできません。今回はゴルフシューズの種類と特徴をまとめました。

ゴルフシューズとは?

以前は金属の突起がついたメタルスパイク使用されていましたが、現在はコースを傷つけてしまうため、着用が禁止されているゴルフ場が多いです。そのため、次に紹介する「ソフトスパイクシューズ」「スパイクレスシューズ」が主流になっています。

ソフトスパイクシューズ

ソフトスパイクシューズはコース保護の観点から金属ではなく、樹脂製のスパイク鋲が装着されたゴルフシューズです。この鋲は何本かに枝分かれしており、グリップ力を高めています。スパイク鋲は交換することができるため、摩耗しても心配ありません。

芝の上ではグリップ力は優れていますが、コンクリートやアスファルトなどの硬いところでは滑りやすいです。

スパイクレスシューズ

スパイクレスシューズは名前の通りスパイク鋲がないゴルフシューズです。素材やソールのパターンによってグリップ力を高めています。そのため靴底が磨り減ってきたら、グリップ力が弱まるので注意しましょう。また、スニーカータイプのものが多いので、疲れにくく運動性が高いほか、デザインが優れているのもあり、日常でも履くことができるのも特徴です。

初心者はソフトスパイクがおすすめ

ソフトスパイクのシューズはグリップ力がスパイクレスと比べてグリップ力が優れており、やや角度がある斜面でもボールを打ちやすいです。なれないうちはグリップ力が優れ、体がぶれることなく スイングをすることができフトスパイクを選ぶと良いでしょう。

しかしソフトスパイクはスパイク鋲があり少し歩きにくいので、動きやすいシューズでゴルフをしたい場合はスパイクレスを選ぶと良いでしょう。