ゴルフ場を傷つけないスパイクレスのゴルフシューズまとめ

ゴルフシューズには2種類あり、そのうちの1つがスパイクレス。デザイン製の他にも様々な特徴があります。今回は、ゴルフシューズのスパイクレスについてまとめました。

ゴルフシューズは2種類あり

ゴルフシューズには大きく分けて2つの種類があります。グリップ力が優れており、樹脂製のスパイク鋲がソールの部分に装着されている「ソフトスパイク」、ソールの部分にスパイク鋲が装着されておらず素材やソールのパターの組み合わせでグリップ力を高めている「スパイクレス」があります。

以前は金属製のスパイクシューズがありましたが、ゴルフ場を傷つけてしまうことから現在ではあまり販売されておらず、ゴルフ場によっては金属製のスパイクシューズを禁止しているところもあります。

スパイクレスはスパイク鋲がないゴルフシューズ

スパイクレスとは、名前の通り樹脂製のスパイク鋲がソール部分に装着されていないゴルフシューズです。スパイクレスシューズは年々販売比率がソフトスパイクと比べて多くなってきており、人気が高いです。

ソフトスパイクの場合、自宅からゴルフ場まで履くことは少なく、ゴルフ場で履き替えることが多いですが、スパイクレスの場合自宅からゴルフ場まで履くことができ、そのままプレーを開始することができます。

また、スパイクレスはおしゃれなデザインも増えてきており、日常的に履けるものが多くなってきています。

疲れにくいのがメリット

スパイクレスの一番の特徴は、ソフトスパイクと比べて疲れにくく歩きやすいことです。体力に自信がない人でも18ホール周りやすくなります。グリップ力がソフトスパイクと比べて弱い分、コース上の芝に引っかかりにくいです。また、通常の靴と同じようなソールなので普段と同じような感覚でスイングをすることができ、運動性が高いです。

また、ソフトスパイクと比べて軽いため、コースを走る場合でもソフトスパイクと比べて走りやすいです。

摩耗するとグリップ力が弱まるので注意

スパイクレスのデメリットとして、摩耗によってグリップ力が弱まってしまうことが挙げられます。ソフトスパイクは、スパイクが消耗しても取り替えることができますが、スパイクレスはできないので注意しましょう。また、ソフトスパイクと比べるとグリップ力が弱いです。

ゴルフのプレー中に疲れたくない人にはスパイクレスおすすめです。コースデビューをするときはスパイクレスの購入を検討してみてはいかがでしょうか?