ゴルフ初心者は知っておきたい!ゴルフボールの価格相場に関する豆知識まとめ

クラブも揃えたし、ウェアも揃えた。あとはボールを揃えるだけというコースデビューの初心者がまず知っておいて欲しいのがボールの価格相場です。いったいボールを購入するには、どれくらいのお金が必要なのでしょうか?そして初心者はどういったボールを購入すべきなのでしょうか?今回はゴルフボールの価格相場に関する豆知識をいくつかご紹介します。

初心者にはおすすめできないボール

ゴルフボールにもいろいろな種類があり、初心者にはお勧めでできないボールがあります。それは上級者が使うようなゴルフボールです。一口にボールといっても初心者から上級者までありとあらゆるレベル層に合ったボールが販売されています。

憧れのプロゴルファーと同じボールを使ってみたいという気持ちは分かりますが、そうしたゴルフボールの価格は1個あたり500円から800円ほどしてしまいます。各メーカーの広告や宣伝文句に踊らされて高いボールを即決で購入するのも悪くは有りませんが、まずはボールを価格を知り、そのボールが自分のレベルに合っているかどうかを検討してから購入するのもひとつの方法です。

上級者向けのボールを所持することはそれだけで多少は気持ちの面ではプレーに良い影響を与えてくれますが、使うボール全てを毎回高級ボールで固めてしまうとなるとそれなりの費用もかかってしまいます。他人より良いボールを使うことで一時的な優越感を味わうこともできますが、初心者のうちは他の道具を揃えたりする必要も出てくるのでその都度、出費が重みがちです。

また、実際には高級ボールを購入してもプレー中に紛失してしまうことも多いので、費用を抑えたいのであれば上級者向けのボールは手を出さないことをおすすめします。ゴルフに慣れてきたら、自分に合ったボールを購入すればいいのです。ボールによってはそれなりのレベルの人が使って始めてポテンシャルが最大限に発揮される。そういった類のものもありますので身の丈に合ったものを購入することを念頭に入れておくことも大切です。

ロストボールがおすすめ

数ある種類のゴルフボールのなかで初心者が常に頭に入れておきたいのは、ロストボールの存在です。ロストボールとはプレイ中に林に入ったり、池に落ちたりして紛失してしまったボールを後日ゴルフ場の管理スタッフが集めて、業者がキレイにしたボールのことを言います。

クリーニング済みのロストボールはその殆どがびっくりするくらいリーズナブルな価格で販売されており、ボールを紛失しやすい初心者にとってはかなり魅力的です。価格は販売店によって微妙な差がありますが最も安いものであれば30個入りで大体1,000円前後の値段で売られています。ものの痛み具合や程度によっては価格帯に多少のバラつきはありますが、新品で購入するよりも遥かに安い料金で購入できて非常にお得です。

ロストボールの魅力は商品の中に高額なブランドボールが紛れ込んでいる可能性があることです。一度消費者の手に渡っているものですから深い傷があったり、ディンプルが擦れてしまっているボールが紛れている場合もあります。ただ最近はクリーニングの段階でそういったものを省き、状態の良いものだけを集めたセット品なども店頭で売られていることもありますので気になる方はそういったものを購入すると良いでしょう。

ロストボールは、あくまでボールを購入する際の選択肢ですので上級者など質の高いニューボールに拘る方は購入をおすすめしません。しかし、これからゴルフを始める初心者など値段を気にせずに気軽に使えるボールが欲しいというニーズは確実に満たしてくれる存在です。そういった方は高い新品ボールよりも同じモデルでも新品の半額以下の値段で購入できるロストボールを試してみることをおすすめします。

値段にこだわらないなら種類を選べる

ディスタンス系

ディスタンス系はとにかく飛距離にこだわりたいゴルファーにおすすめのボールです。外側のラバーに固めの素材が使用されているのでインパクト時の反発係数値が高くなりやすいという特徴があります。昔はラバーの硬さが原因で使用を敬遠するゴルファーも多くいましたが、最近は打感も柔らかくてコントロール性能も高いボールも徐々に増えつつあります。スピン系よりも打感は固くても気にならないがとにかく飛距離が欲しいという方はオールマイティに活躍できるボールですので購入を検討してみる価値はあるでしょう。

スピン系

スピン系のボールはアプローチやアイアンショットの距離感を重視する方。とにかく柔らかめの打感が好きで打った時にピンポン玉のようにポンと反発するボールが苦手という方におすすめしたいボールです。ディスタンス系とは違い、スピン系のボールには外側のゴムラバーに柔らかめの薄い素材が使われています。

スピン系はラバーが柔らかいぶん、インパクト時にボールとフェース面の接着時間が長くなりスピンがかかりやすいですが、表面が薄いぶん接着時に溝で傷ができやすくて耐久性はディスタンス系に劣ります。一昔前までは反発性能が低いことを理由にディスタンス派には敬遠されていましたが、最近は飛距離もそこまで落ちない、飛び系のスピンボールも増えてきたのでディスダンス派から乗り換えるゴルファーも増えてきています。

ディスタンス系とスピン系では同じメーカーのものでも若干スピン系の方が高い値段を付けられていることが多いものの、どちらの系統のボールもニューボールの価格は大体1ダース2000~4000円程度です。そこまで質の高いものを求めなければ2500円前後くらいの値段で満足いくものが購入できるでしょう。

まとめ買いでお得に

ゴルフボールは、箱に入ったニューボールであれば3個入りの少ない1スリーブと呼ばれるものから購入することも可能です。大半のモデルが12個入りの1ダース箱を購入した方安くつくことがほとんどですが、どういったボールなのかをお試しで購入してみたい場合はとりあえず1スリーブ購入して現地で使ってみるのも賢い方法ではあります。

実際に使ってみて感触が良ければ、同じをまとめて購入すればかなりお得に購入することもができます。3個入りの1スリーブだと1つ1500円くらいしますが、1ダースぶん購入すれば3000円前後で購入できる場合もあります。さらに同じものを5ダース、6ダースといった感じで購入すれば、ネット価格なら定価の半額近い値段で購入できることがあります。

ゴルフショップのまとめ買いセールも便利ですが、楽天やアマゾンなどの大手インターネットショッピングサイトで一昔前のモデルが安く販売されていることももあります。定期的に随時チェックしておくと思わぬ掘り出し物に出会えることもあるのでまずはお気軽に気になったボールは色々と検索をかけてみて下さい。

今回はゴルフボールの豆知識というテーマで色々と話をしてきましたが、ボールを購入する際は人から聞いた情報よりも実際に自分で色々と試して「自分の感覚」に頼って探した方が良いボールと出会える可能性は高いです。

ただし、購入する際はまとめ買いはほどほどにしましょう。製造から月日が経過しすぎるとゴム製品特有の劣化が始まり、パフォーマンス性能が大幅に低下することがあります。目安として1年程度で使い切ることを目標にしてそれ以上のボールのストックは避けることを強くおすすめします。