初心者必見!おすすめゴルフクラブのセッティング

「クラブセッティング」は初心者や経験が浅い人にとって悩ましい問題の1つです。ウェイトバランスやシャフトの「硬さ」など、クラブのことは良く分からない。そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は、ゴルフクラブのおすすめセッティング方法について、分かりやすくまとめてみましたのでクラブ選びの際は是非参考にしてみて下さい。

クラブセッティングを行う前にまず、最初に知っておくべき事

ゴルフにおいて、コースに持ち込めるクラブの最大本数は14本までです。これは、公式ルールにて定められている本数でこれ以上の本数のクラブを場内に持ち込むことはルールブックの規定によって禁じられています。ただし、14本よりも少ない本数でプレーする事もOKですし、同じ番手のクラブを2本入れることもOKです。

セッティングの際に考えるポイント

クラブセッティングを考える時は、以下に示す主に2つのポイントを確認することから始めてみましょう。クラブセッティングとは何かを一言で説明すると、自分の強みはさらに生かし、逆に弱いと思う部分を補うことです。

ポイント1【自分の飛距離、ヘッドスピードに合わせたセッティングを考える】

飛距離、ヘッドスピードに合わせたセッティングがなぜ、大事なのか。それは、クラブを選ぶ際に最も分かりやすい基準が飛距離やヘッドスピードだからです。

よく使用するクラブ(ドライバー)の飛距離と方向性、できることならヘッドスピードと呼ばれる計測値まで把握しておくと、自分の使っているクラブは適合しているのか、またはどんなクラブが適合するのかを調べる際にとても役に立ちます。

ポイント2【自分のスイングの強みが生かすことができ、弱みを克服できることができるセッティングとは何かを考える】

自分のスイングの強みが生かせるセッティングがなぜ、大事なのか。それは、自分のスイングのクセをどれだけ把握し、それを生かすことができるかどうかがクラブ選びでは極めて重要だからです。

ドライバーを例に挙げると、グラブヘッドのフェースがクローズ気味のモデルは、スライサー向きですし、逆にオープンフェースのモデルはフッカー向きなど、ゴルフクラブには、必ず人それぞれに向き不向きが必ずあります。

自分の「クセ」を知っておくことは、自分のスイング特性に合ったクラブを見つけるという意味でとても、大切なことなのです。

スタンダードなクラブセッティング

クラブセッティングは、細かい箇所を見ると人それぞれ異なります。ただ、ウッド系クラブのドライバー3番ウッドは、基本的に外すことはできません。

ただし、5番ウッド、UTについては、アイアンセットとの兼ね合いもあるため、どういう番手をチョイスした方が最適であるかは人によって大きく異なります。

特にUTに関しては、最近はロングアイアンの代用として使うのが一般的です。そこで自分が、どれぐらいの飛距離を飛ばしたいのかを明確にしておくと良いでしょう。

次にアイアンやウェッジに関してですが、アイアンセットはなるべく同じメーカーのものを使用すると良いでしょう。異なるメーカーのクラブを混ぜて使うと、ヘッド形状はそれぞれ微妙に異なるため、セッティング後に全体のバランスが大きく崩れてしまうことがあります。

だだ、ウェッジに関してはアイアンと同じメーカーのものを使用しても特に問題ありません。また、シャフトに関しても、アイアンと同じシャフトでなくても、少し重いシャフトであれば、クラブを楽に振る事ができます。

パターは自分の身長に合っているか、適度にヘッドの重さが感じられるモデルを選んでおけば、時に重大な問題が発生するという事はないでしょう。

以下に示すのは、一般的なクラブセッティングの一例です。

・ドライバー

・3番ウッド

・5番ウッド

・ユーティリティ

・4~9番アイアン

・ピッチングウェッジ

・アプローチウェッジ

・サンドウェッジ

・パター

初心者は必要最低限の本数で大丈夫

ここまで記事を読み進めて下さった方の中には、自分が持っているキャディバックには、そこまで多くの本数のクラブが入っていないと感じた方も多いのではないでしょうか。

実は量販店や一部のゴルフショップでは、初心者向けに、ゴルフ少ない本数で気軽にゴルフを始められる「ハーフセット」と呼ばれるクラブセットが売られている場合があります。

ハーフセット内に含まれるクラブは本数が少なめになっている代わりに、各番手には初心者でも簡単にボールを遠くまで飛ばせる設計が施されています。

そこでハーフセットのクラブを使う場合は、バランス調整の必要がないドライバーからバターまで、一つのセットとして販売されているモデルを選ぶと良いでしょう。