初心者必見!練習用クラブの種類まとめ

初心者はゴルフショップに行ってみると、種類や数の多さに驚いてしまうでしょう。例えば、練習用クラブの種類はどんな物なのか分からない人も多いはず・・・。今回は様々な練習用クラブをいくつかご紹介します。

基本のクラブを知りましょう

練習用クラブの種類を知ることは、どんなクラブを本番で使うか……

それを知ることから始まります。

どれだけスコアーを少なくして、小さなカップにボールを入れるか……

それがゴルフの楽しさでもあり難しさであります。

そこで必要になるクラブは3種類。

ウッド・アイアン・パターの3種類が基本です。

練習用クラブの種類もこの3種類用意することになるでしょう。

3種類のクラブはそれぞれ用途が異なります。

実際の練習やプレーでは状況に応じて使い分けることになるでしょう。

練習で大切なのは、まず自分に合っているかどうかです。

初心者のゴルファーが上級者用クラブで練習してもあまり効果が実感できません。

ブランドや値段より初心者の自分にフィットするかが重要になります。

最初はゴルフに誘ってくれた先輩と相談し、自分に合った3種類のクラブを探しましょう。

慣れてきたら、自分に合ったクラブを買い、交換すればいいのです。

練習用ウッドクラブの特徴

練習用クラブの種類として最初にウッドを説明します。

ウッドはもともと木で作られていたクラブで、独特の風合いが特徴です。

柿材で作られたウッドを愛用している上級者ゴルファーもいますが、練習用ではありません。

初心者の練習用としては金属製のノーマルな種類で十分でしょう。

現在のウッドクラブはほとんど金属製で出来ています。

ウッドクラブには、全長が最も長く、飛距離が期待できる1番ウッド、

それを少しずつ短くしたフェアウェイウッドと呼ばれるクラブがあります。

初心者の練習用クラブとしていきなり一番ウッドを選ぶには問題があります。

最初は自分の手で試してみて、どんなウッドにすればいいのか、店員さんに聞いてみるのもいいでしょう。

初心者向けのアイアンとは?

アイアンとはスイングしたボールを遠くまで飛ばすために作られたゴルフクラブです。

多くのモデルは3番アイアンから存在し、数字が増えるにつれて、長さが短くなり、打った距離の飛距離も大きくなります。

数字では9番アイアンが一番短いものになりますが、それより短いアイアンとして、ウェッジと呼ばれる近距離を打つためのクラブがあります。

初心者の練習用クラブとしてあまり短めのものではない標準的な数字を選ぶようにしましょう。

アイアンの数字が大きくなれば、長さが短くなり、打ったボールの飛距離も期待できますが、初心者が使いこなせるわけではありません。

最初は多くの人が使っている4番、5番などを試し、慣れてきたら調節していくようにしましょう。

特殊なクラブであるパター

ゴルフクラブにはいろいろな種類がありますが、パターはその中でも最も特殊な役割を持っています。

ピン周辺に作られた特別な芝があるグリーンで使用するパターは練習の機会が一番あるクラブでしょう。

パターを上手く使いこなせないと、カップインの可能性が低くなってしまうからです。

パターは練習用を含め、多くの形状が開発・販売されています。

自分のスイングやスタイル、方向性などを考えて、自分に合った練習用・本番用パターを選ぶようにしましょう。

最近は、ミスヒットに強い独自のパターも開発され、人気を集めています。

大型のヘッドのものがありますが、練習用にも素晴らしい商品があるのでチェックしてみるといいでしょう。