意外な落とし穴?メンズのゴルフウェアで気をつけたいポイント

ゴルフ場でプレーするにあたってドレスコードがあります。ドレスコードに則していない服装ではプレーできない場合があります。今回はゴルフウェアでメンズが気をつけた方が良いポイントをまとめました。

カジュアルになりすぎない帽子

帽子・サンバイザーを着用するようにアナウンスしているゴルフ場が数多くあります。強い直射日光を避けると同時に打球事故の防止のため、着用が義務付けられていなくとも防止はかぶるようにしましょう。

帽子は野球で使用するようなタイプやワークキャップ、などが主流です。冬はニット帽を着用することもできますが、服装のマナーと合わせて考えてカジュアルになりすぎないことがマナーとして大切です。

短すぎるハイネック

襟付きのシャツを着用することがほとんどのゴルフ場でのドレスコードです。ハイネックも襟付きシャツとみなされるゴルフ場は多いのですが、名門ゴルフ場では襟高3cm未満のハイネックではゴルフをプレーできない場合があります。また、Tシャツと見間違えるようなシャツも場合によってはドレスコードに引っかかることもあるので、注意しましょう。

メタルスパイクシューズ

メタルスパイクシューズはゴルフシューズの中でも一番グリップ力に優れ、機能性やファッション性も高いですが、コースを傷つけてしまうため多くのゴルフ場でメタルスパイクシューズは禁止されています。メタルスパイクシューズを使用するときは、使用できるかどうかを確認してからにすると良いでしょう。

音が出るレインウェア

音が出やすいレインウェアは自分が気になるだけでなく、ほかのプレーヤーの集中を乱すこともあるので、ガサガサと音が出るようなレインウェアはできる限り選ばないようにしましょう。

最近のレインウェアは軽量で摩擦音が少ないソフト素材のものが多いので、レインウェアを選ぶときはあまり音が出ないレインウェアを選ぶようにしましょう。