打ちやすいものを選ぼう!上達しやすいクラブ選びアイアン編

ゴルフを始めたい、始めたけど今さら聞けないそんなあなたが一から学べる初心者ゴルファーのためのゴルフクラブの選び方。ゴルフ上達のコツは、上達しやすいクラブを使うこと。今回はアイアンの選び方をお教えします。

アイアンが上手く打てれば、スコアアップも上手くいく

ドライバーショットで、思いきり飛ばすのが魅力のゴルフですが、飛ぶクラブほど曲がる可能性が高くなります。なかなかドライバーを真っ直ぐ飛ばすのは難しいでしょう。そういう意味では、最初に飛ばせる実感が得られるのは、アイアンによるショットだと思います。ドライバーに比べて、ロフト角が大きく。クラブの長さが短いからです。もともと地面から打つことを前提に作られています。ゴルフを始めたらまず9番アイアン前後を練習して、慣れていくといいでしょう。

一本では買えないのがアイアンセット。セットで買って1本1本慣れていこう

アイアンセットは5番アイアンからPW(ピッチングウエッジ、10番アイアンだと思ってもいい)までの、6本セットが一般的です。

このなかでは5番アイアンが一番長いクラブです。その分、飛距離は飛ばせます。下の番手になるに従い短くなり、飛距離も短くなります。ゴルフではこうしてそれぞれの番手を使うことで飛距離をコントロールします。

使われなくなったロングアイアン

以前は3番アイアンからのセットが一般的だったのですが、3番、4番アイアンは上級者でも打ちこなすのが難しいので、現在は5番アイアンから購入するようになりました。3番アイアンより、長くて難しい1番アイアン、2番アイアンもかつては存在しましたが、今ではほとんど見られなくなりました。数字が小さいと難しいと思って間違いありません。これらの番手をロングアイアンといいます。

とはいえ5番アイアンもそれなりに難しいので、7番以降打てるように練習しましょう。アイアンセット、いずれは7番からの4本セットになると予測されています。

プロが使っているような、ヘッドの小さいモデルは避ける。見かけより打ちやすさを!

やさしいアイアンを見分けるのはとても簡単です。ヘッドが大きく、ソール幅が広く、フェース裏のキャビティ部分(フェース後方の、エグれている部分)が深いアイアンは、ミスヒットした時に飛距離が落ちにくく、左右にも曲がりにくくなっています。プロはより難易度の高いコースを攻略するために、打点を変えることで、球を曲げてコントロールする必要があるので、曲がりやすいアイアンを使っています。見かけはかっこいいですが、余計な苦労はしないほうが無難でしょう。

ユーティリティに似ているアイアンのシャフト選び。年齢+運動経験で決めよう

ゴルフを始めたころに使うクラブは、今後のスイングの傾向を決めると言われています。慎重に選んで欲しいポイントです。しかし初心者は、悲しいかなゴルフショップの試打室で、堂々と試打する腕前がありません。40歳までで、かなりの運動経験がある場合だと、100g以上のスチールシャフト、55歳までで、ある程度の運動経験があれば70g〜90g台の軽量スチールシャフト。非力だったり、55歳以上だったりすると、カーボンシャフトを選ぶといいでしょう。