スコアパーソナルゴルフの新井さん直伝!ヘッドの走らせ方のコツ【動画】

ヘッド走らせ方ってどうすれば良いのか、わからないですよね。ボディーターンとか体を軸にとか、色々言われる昨今のスイング理論ですが、手首や腕を縦方向に使ってフェースを走らせるテクニックが重要なんだとか・・・。今回はスコアパーソナルゴルフの新井さんが徹底解説する動画をご紹介!

やっぱりヘッドは走らないと距離が出ない

スコアパーソナルゴルフの新井です。今回のテーマはヘッドを走らせるについて。

ヘッドを走らせた方がいいのか、走らせちゃいけないのか、迷う方が多いと思うんですね。

ヘッドを走らせてくると結構フェースがすごい開いてしまって、方向性が悪いんじゃないのなんて思っちゃったりするんですけどもね。じゃあ、フェースの向きを変えないようにして手首を固めて振るなんて言うと距離が出ないなんて言う風に思っちゃうんですね。

で、結論から言うとやっぱりヘッドは走らないと距離が出ないですね。まぁ飛ばないって感じですね。

従来型だとフェースが返りすぎてしまう

で、肝心のヘッドの走らせ方なんですけども、一般的にはですね。進行方向側に体の正面でこういう風に返すイメージを持つ方は多いんですけども、まぁ以前にですね。フェースのローテーションの上手い人とアベレージゴルファーの方の違いなんてでちょっとやったような話でですね。ヘッドを走らせる動きに関してもですね。腕に対して基本的にはこの方向なんですね。やってみるとわかるんですけども、結構下からビュンと、ななめ下から上に向かってこうあげてくような走らせ方なんですね。で、このラインでいくとですね。フォロースルーでフェース返っちゃうととなんか捕まりすぎて駄目だよなんで話になりがちなんですが、この方向で立ってきてもですね。そんなにフェースはひっくり返らないですね。

まぁ下の部分からですね。ぐっと引き上げてきた時にフェースの先端がちょっと上を向くような形で左手はですね、このようにクッと引き下げながら、ちょっとだけこう下にずらしてきて、その勢いを借りてですね。ボーンと後押しをしてあげるようなイメージなんですね。従来だと、正面でひっくり返してくるとですね。左手がいわゆる体の回転に対して、右側にこうずれちゃう。そうするとですね。左の肩がちょっと止まるような形でやっぱり急激にフェースが返ってしまうんですね。

縦に使う方法だとフェースが返らない

縦側で行くと、この左手、左肩に対してですね、左手がこう下に押し下がったような形を取った時にですね。僕の肩、以前に八の字股関節なんかがあったようにですね。左の引き込む動きと左サイドの回転とですね。こう連動できるんですね。だから悪いとこを回りながら、結構動いてきて、ギュッと上げてくる。そういう動きになるんですね。従来型はこう左手が下がらない、下から上だと下げながら、立てられてそれによって体の回転が邪魔しないという風になってくるんですね。

まぁ下から上だとですね。こうインサイドアウトのヘッド軌道になってくるんですけども、

実際はですね。体の回転が入って、肩のラインがですね。若干やっぱりオープン側に入ってきますので、それと含めると大体まっすぐになってくるんですね。肩の回転がないと下から上だとこの軌道。肩の起動があるとこうですね。でですね。こう下から上に引き上げてくる動きですね。フェースのローテーションが作れますので、手の正面まで来なくてもフェースををしっかり戻せる。足りない分はですね。体のオープン角と前傾の姿勢でまぁシャットフェースになってくるんですね。

縦に使う方法と体の回転を組み合わせれば、ビュンビュン振れる!

体の回転、そして側屈したところから脊柱、背骨がですね。まっ正面に戻る動きで、うまくヘッド走らせられる。もうスピードつけるとですね。ビュンビュンと振れてくるわけですね。従来だとですね。こう横に振ってしまうと、身体が回らないっていう前提でインパクトの位置が迎えてしまうので、もし回ってしまうとフェースが開いたままになってしまう。これを真っ正面にフェースを戻そうとすると手の位置がずれてしまうんですね。で、早めに解けるような動きが入ってしまう。そうするとフェースがこういう風にヒックリかえってしまうんですね。下から上だと、フェースの向きはあまりひっくり返らないという風になってきます。体が回らない。体が回りながら、立てるように。ヘッドは走らせてくる。自分でできているかどうかのチェックポイントなんですけども、ヘッドを下げていただいて、上に上げていただいて、このまま右側に回すことができていれば、このあたりのヘッド使い方は正解なんですね。殆どの方が下に下がったところからですね。左側にヘッドが返ってしまうんですね。これは正しくないヘッドの走らせ方になります。こっちの縦が正解。今のヘッドを

走らせる動き、これに体の回転が入ってくると、こっちのクラブを寝かす動きから、強くシャフトを立てる動きですね。実際にボールを打っていきます。非常に強い体の先行動作と

体の回転でインパクトでこう押せるような動きになってくるんですね。非常に強く打って行くことができるようになります。ぜひ参考にしてみてください。

 ことができますかぜひ参考にしてみてください 

詳しい動画の内容が知りたい方は画像をタッチ!(PCはクリック)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓