コースデビューの前に!ゴルフのラウンドレッスンってどんな内容?

ゴルフのラウンドレッスンとは、ゴルフスクールが行っているゴルフ場でレッスンを受けられるレッスンです。普段のレッスンでは習いにくい部分を習えます。今回はゴルフのラウンドレッスンの内容をまとめました。

ラウンドレッスンはゴルフスクールが開催しているレッスン

ラウンドレッスンとは、ゴルフスクールが行っている実際にゴルフ場に行きレッスンを受けるものです。ゴルフスクールでは学べなかったレッスンを受けられます。会社の人や友人とゴルフ場でプレーする前にレッスンを受けることで、ゴルフ場で楽しくゴルフをプレーできます。

ゴルフスクールでは学びにくかった地面の傾斜や芝からのショット、障害物からのボールの脱出を学ぶことができ、何回も参加することでゴルフの上達が早まります。

ゴルフスクールではできないレッスン

ラウンドレッスンの内容は主にゴルフスクールではできないレッスンを受けます。インストラクター指導のもと各ホールの第一打であるティーショットをティーグラウンドから打つ、芝が長いラフからボールを出す、フェアウェイの真ん中からグリーンにボールを近づけるなどがレッスン内容です。より実践的なラウンドレッスンではバンカーなどのハザードからボールを出すこともレッスンします。

また、ゴルフのコースを攻略する際、自分の出せる実力でコースを攻めるコースマネジメントという考え方があります。ラウンドレッスンではコースマネジメントも学ぶことができます。

ゴルフ場でのルール・マナーを学ぶ

ゴルフ場でゴルフをプレーする際、多くのマナーやルールがあります。ゴルフスクールでは動きやすい服装で問題ありませんでしたが、ゴルフ場でプレーする場合ドレスコードがあり適さない服装でなければゴルフをプレーできません。また、ゴルフをプレーするにあたって大切なプレーの進行を滞らせてはいけないプレーファストも学べます。また、ゴルフ場にはクラブハウスがあり、クラブハウスにもマナーがあり学べます。

ゴルフボールがコース外に飛んだ場合の措置、池に落ちた場合の措置、打つ順番などのルールも学べます。

ラウンドレッスンでもレベル別の内容あり

ラウンドレッスンはレベル別のレッスンがあるゴルフスクールがあります。ラウンドレッスンのレベル別の内容は次のものが多いです。1日で回るゴルフのコースは18コースあり、18コースを基準にしてレッスンが組まれていることが多いです。

・午前中はゴルフ場に設置されているゴルフ練習場で練習し、午後はゆっくり3~5コース回るレッスン

・午前中はゴルフ練習場で練習し、午後は9ホール回るレッスン

・1日かけて18ホール回るレッスン

自分のレベル・目的に合わせてラウンドレッスンを受けることができます。

ラウンドレッスンは、ゴルフスクールでは習いにくい部分を重点的に習うことができます。今回紹介したポイントを確認して、ラウンドレッスンに参加してみてはいかがでしょうか?