ゴルフを始める人必見!ゴルフのレッスンで学べる4つのこと

ゴルフのレッスンでは正しいスイングや自分の改善点などの基本からコースで使える応用技術まで学べます。またゴルフ仲間ができることで、ゴルフの楽しさも実感できます。今回はレッスンで学べることをまとめました。

1.スイングの正しいフォームを身につけられる

ゴルフのスコアを伸ばすにはスイングの正しいフォームを身につけることが重要です。ゴルフ初心者に向けたテキストや雑誌、レッスン用DVDなども発売されており独学もできますが、独学で学ぶと間違ったフォームを習得する可能性が高いです。

初心者が自己流で練習すると自分のスイングのバランスを把握しにくく、癖のあるスイングを体が覚えてしまいます。ティーチングプロから指導をうけることで、正しいスイングやグリップの握り方、構え方、体の動かし方などのゴルフの基礎を身につけられます。

2.自分の改善点を見つけられる

当然ですが、人はそれぞれ体格や筋力、これまでやってきたスポーツなどが異なるため、人によって必要なアドバイスは様々です。ゴルフのレッスンではティーチングプロが直接指導するため、その人に合ったアドバイスを受けられ、自分の改善点を学べます。

例えばテキストに膝を使ってスイングすべきだと書いてあったとしても、膝の動きすぎで軸がぶれている人に対しては膝の動きを抑えるべきだというアドバイスが有効です。

テキストなどはゴルフにおける基本的な動作を説明しているだけですが、ティーチングプロはその人のスイングを見た上でどのように修正すべきかを指摘します。

3 ラウンドレッスンで応用編を学べる

ゴルフスクールのレッスンには、ゴルフ場でコースを回りながら指導を受けられるラウンドレッスンというレッスンがあります。

ゴルフ場は練習場の人工芝と違い地面の傾斜や状態、天候などに左右されるため練習場より難しいです。ゴルフ場でプレーしながらアドバイスを受けることで、実践でも使える応用技術を学べます。

普通の練習場ではできないバンカーショットやアプローチなどの練習もでき、コースを攻略するためのコースマネジメントのアドバイスも貰えるため、短期間でのスコアアップが期待できます。

4 ゴルフ仲間ができる

ゴルフレッスンの形式によっては、グループでまとめてレッスンを受けることもあります。グループでのレッスンの場合、受講者のレベルは大体同じくらいなので自分と同じレベルのゴルフ仲間を作れます。またゴルフのレッスンはゴルフスクール主催で行われますが、多くのゴルフスクールが定期的にゴルフコンペなどを開催しています。ゴルフコンペに参加することでゴルフ仲間を増やせます。

ゴルフ仲間が増えると、一緒にレッスンを受けたりラウンドできたりするため、ゴルフの楽しみが増えます。ゴルフが楽しくなれば、自然とモチベーションも上がるため上達が早くなります。ゴルフレッスンを受けて、ゴルフをもっと楽しんでいてはいかがでしょうか?