初心者必見!ゴルフのスイングのトップってなに?

スイングのトップとは、バックスイングの頂点のことです。トップが決まればかっこよくスイングをすることができます。トップは角度や肘の使い方を正しく行わないと、ミスショットにつながることがあります。今回はゴルフのスイングのトップについてまとめました。

トップとはスイングの頂点

トップとは、アドレスで構えてからバックスイングでクラブを振り上げ、振り下ろす前に一瞬止まる位置のことです。また、バックスイングからダウンスイングの切り返しのタイミングで止まる位置のことです。トップオブスイングともいいます。トップが決まればかっこよくスイングをすることができます。

トップの位置は人それぞれですが、自分に合ったトップの位置を見つけ、手首の角度や肘を意識すればスイング軌道が安定し、ショットの精度が上がります。

テークバックで左肘を伸ばしオーバースイングを直す

トップの位置を安定させるには、テークバックで左肘を伸ばしましょう。左肘を少し曲げるくらいが丁度良いです。左肘を伸ばすコツは、左を伸ばすイメージ右肘は脱力するようにしましょう。鏡を見ながらスイングすることで、左肘を伸ばす感覚を養うことができます。イメージを掴んだら実際にボールを打って練習しましょう。

またオーバースイングを直すことで、トップの位置が安定します。クラブをゆっくり振り、コンパクトなスイングを心がけましょう。

手首の角度が重要

スイング時は、トップにおける左手首の角度が重要です。トップで手のひら側の角度が手の甲側に折れている、手のひら側に折れている場合、力まず軽いスイングを心がけようとしてグリップの握りが甘くなってしまいます。

トップにおける手首の角度は、アドレスで構えた時の角度から動かしては行けません。アドレスで構えた角度のままトップで維持します。アドレスで構えた角度を保つことで腕とクラブがほぼ一直線になります。

鏡の前で手首の角度、腕とクラブの動きを確認しながら練習するようにしましょう。

クロスシャフトに注意

クロスシャフトとは、トップの位置でクラブの向きが体の正面側に収まってしまうことです。クロスシャフトはスイング軌道が不安定になっているので、スイング中にスイング軌道を修正する必要があります。クロスシャフトになることで、スイングが複雑化しミスショットにつながります。

クロスシャフトは、右肘が右の脇から必要以上に離れてしまうと起こります。アドレスで作った懐の三角形を意識してバックスイングで右肘が両肩幅から外れないように意識してスイングすることで直すことができます。

トップの位置や手首の角度はスイングで重要です。今回紹介したポイントを確認して、自分に合ったトップをスイング時に迎えられるようにしましょう!