飛距離が落ちる?ゴルフのチーピンってなに?

チーピンとは、ゴルフのミスショットの1つで、規定打数よりも多く叩いてしまうことが多いミスショットです。今回は、ゴルフのチーピンが起こる原因、防止するコツをまとめました。

チーピンってなに?

チーピンとは、逆くの字のように急角度にボールが左方向に飛んでしまうショットのことです(右利きの場合)。チーピンは麻雀のピンズという種類の牌の7(チーピン)の形状から付いた呼び方です。チーピンは、「ヒッカケ」や「ダックフック」とも呼ばれます

チーピンのようなフック系のボールは、目標地点に落ちた後にボールが転がりやすいため、コースの左側がOBのホールでは、かなり危険なミスショットです。

チーピンはボールの曲がり幅が大きいので、スコアが安定しなくなるため、意識して修正しましょう。

チーピンが起こる原因

チーピンが起こる原因は、ボールに左回転がかかりすぎているために起こります。左に回転がかかりすぎてしまうのは、手先を使いすぎてしまい、体の動きが止まりやすくなり、ゴルフクラブの面であるフェースを無理やり閉じようという動きをしているため回転がかかります。

また、スイングの初動が外側(アウト側)、ボールに当たった後の動きが内側(イン側)のアウトサイドインの軌道で左に打ち返してしまう、インサイドアウトの軌道で腰の回転が止まってしまい。腕が詰まってしまうことが原因です。

ゴルフクラブにも原因が?

チーピンは、体の動きだけでなく、ゴルフクラブが原因で起こることがあります。チーピンが起きやすいゴルフクラブは、上級者モデルやプロモデルのもので、ゴルフに慣れていない内はチーピンが起きやすくなります。

上級者モデルのゴルフクラブのシャフト(柄)は硬く、シャフトのねじれであるトルクが少ないです。硬いシャフトはあまりしならず、シャフトをしならせようとするので右肩が下がり、インサイドの動きでインパクトを迎えチーピンが起きやすいです。トルクが少ないとプレーヤーの意志が反映されやすいので、ヘッドの動きが敏感になるため、チーピンが起こりやすくなります。

チーピンを予防するコツ

チーピンに悩んでいる場合、ダウンスイングにおける腕、手元のスピードを意識するとチーピンが改善されます。ダウンスイングからフォローするにかけて腕、手元をとにかく速く振りましょう。チーピンは、ダウンからフォローにかけて手元や腕のスピードが減速していることがあります。腕。手元を速く振ることで、インパクトゾーンでフェースが被らなくなり、チーピンが起きにくくなります。

チーピンは、ゴルフのミスショットの中でも危険な部類です。今回紹介したことを確認し、直すようにしましょう!