初心者こそ知っておきたいゴルフクラブのライ角ってなに?

ライ角は、アイアン選びにおいて非常に重要な基準の1つです。ライ角があっていなければ、正しいスイングをしてもボールをまっすぐ飛ばせません。今回は、ゴルフクラブのライ角について解説しました。

ライ角とは?

アイアンの選び方の基準の1つに「ライ角」があります。「ライ角」は、アイアンを構えてクラブヘッドのソールを地面に着けたときにシャフトと地面が作る角度です。ライ角が大きいものをアップライト、小さいものをフラットと呼びます。

ライ角は、ボールの方向性に大きく影響するため、アイアン選びの重要な基準です。アイアン毎にライ角は異なります。様々なアイアンを試して、自分に合ったライ角のアイアンを見つけることが重要です。

ライ角が合わないと方向性が悪くなる

自分に合っていないライ角のアイアンを使うと、アドレス時にソールが地面と平行にならず、クラブヘッドの先や付け根が浮きフェースが不安定になります。

正しいスイングをすると、アドレス時とインパクト時のフェースの向きが一致します。ライ角が合わないと、アドレス時のフェースが不安定なので、正しいスイングをしてもボールがまっすぐ飛びません。さらに悪い場合は、無理やりボールをまっすぐ飛ばそうとして、正しいスイングが身に付かないこともあります。

自分にとって正しいライ角の見極め方

アイアンのライ角は慎重にあったものを選びます。正しくアドレスした時にクラブヘッドのソールが地面と平行か、クラブヘッドの先が地面からわずかに浮いている状態になる角度が最適です。

アイアンを購入する際は必ず試し打ちをし、ライ角を確認しましょう。正規メーカーのアイアンは、メーカーごとにライ角の基準がありますが、ライ角がカタログスペックからずれている場合があります。記載されているライ角だけを見て購入せず、実際に試し打ちすることをお勧めします。

対策:ライ角を調整する

今手元にあるアイアンのライ角が自分にあっていない場合、ゴルフクラブの修理や調整を専門にやっている業者に依頼をすることで、ライ角の測定や調整ができます。値段は業者によって差が大きいですが、1本当たり1000円前後が相場です。

ライ角が間違っていると、正しくスイングしていても、ボールがまっすぐ飛びません。もし今使っているアイアンのライ角が合っていないのなら、ライ角を合わせることでスコアアップを狙えます。今回の記事を参考に、自分のアイアンのライ角を調べてみてはいかがでしょうか?