初心者必見!ゴルフのフェードボールってなに?

ゴルフではどのような軌道でボールが落下するのかは、ゲームに大きく影響を与える大事な要素です。その中で、安定した飛距離を期待できる軌道を描くショットにフェードボールというものがあります。ゴルフのフェードボールの利点とどうすれば持ち球とすることができるのかを解説します。

フェードボールとは

ゴルフにおいて飛距離に関係する要素として、ボールにどれだけパワーを伝えるかももちろん重要ですが、ボールがどのような軌道を描いて落下するのかという点も大切です。ボールの描く軌道によって同じパワーが伝わっていたとしても、飛距離に差が出る事があるからです。一般的にゴルフのフェードボールと呼ばれるボールの軌道は、打球が落下直前に速度を失って、打者の利き腕の側に少しだけスライスする軌道を描くボールのことを指します。飛距離を伸ばすことよりも、高く上がって上空で止まり、転がる事なく落下するボールのことです。鏡のように対照的な軌道としてドローボールというものもあり、ドローボールは落下した後も転がるという特性があるので飛距離そのものはフェードボールよりも期待できると言われています。

安定のフェードボール

フェードボールの利点は、その特性である落下した後にランしないというところにあります。ここで止まってほしいと思っているのに、予想以上にランしてしまい、そのままバンカーや池に落ちてしまう危険もあるドローボールに比べて、予想しやすい安定した飛距離を出すことができます。プロでも、ランによって飛距離が出たとしても、予想外の動きになる事を嫌いフェードボールを持ち球としているプレーヤーはたくさんいます。一回の飛距離よりも、トータルとしてコントロールしやすい攻め方のほうがゲームには勝ちやすいという事です。ですから、このフェードボールをマスターすれば、イレギュラーな事態に対処しなければならない事も避けられ、無難で安定したゲーム展開を作ることができます。

フェードボールを打つには

フェードボールを自分の持ち球とするにはどうしたら良いでしょうか?コツは体重移動です。これはゴルフのどのスイングに置いても共通しますが、基本的な体重移動を正しく行いながら工夫を加えていくことが前提となります。正しい体重移動をすると、下半身の我慢ができるようになります。つまり、左足がスウェーして体が流れないようにすることができます。これがフェードボールを打つための大事なポイントです。フェードボールは基本的にオープンスタンスでアウトサイドインに打ちます。オープンスタンスでは普通、体重は右にかかりがちですが、しっかりと左足に体重を移動させる意識しながら、きれいな軸回転を目指しましょう。ボールの軌道や打ち出す角度を細かく気にしてしまうとスイングが小さくなったり、体が開きがちになりますので、まずはこの体重移動と軸回転を意識するのが近道です。

フェードボールを持ち球とするための基礎

フェードボールを打つための練習方法として効果的なのは、フックとスライスを打ち分けられるようになる事です。そのためには、右足を前後に置く場所を調整することで掴めてくるでしょう。最初は大げさと思えるほど、右足を前に出したり、後ろに出したりしながら、その足の箇所での体重移動によってどのようにボールが曲がっていくのかを覚えるようにします。徐々に右足のおく位置を縮めていき数センチの移動で打ち分けができるようになるまで練習しましょう。この打ち分けは、下半身の土台がしっかりしていないとできません。つまり、この練習によって、フェードボールを打つために不可欠な下半身の我慢ができるようになるのです。