初心者必見!ゴルフの「リバースピボット」ってなに?

リバースピボットは正しい体重移動と真逆の体重移動です。リバースピボットはミスショットや飛距離が伸びない原因の1つで、直せれば大幅な飛距離アップを狙えます。今回はリバースピボットについてまとめました。

「リバースピボット」ってなに?

「リバースピボット」は、正しい体重移動と真逆の体重移動です。正しいゴルフスイングは、バックスイング(振り上げ)のときに右足に体重が移動し、ダウンスイング(振り下ろし)のときに左足に体重移動します。リバースピボットでは逆に、バックスイング時に左足に体重が残り、ダウンスイングで右足に体重が残ります。

リバースピボットの原因は、バックスイング時の体の回転不足やウィークグリップなど様々ですが、体重移動の感覚をつかむことで直せます。

リバースピボットがダメな理由

リバースピボットでは、スイングに力が乗らず飛距離が伸びません。またボールを下から打ち上げる「あおり打ち」になってしまい、ダフリ(ボールの手前の地面を叩きボールが飛ばないこと)やテンプラ(高く打ち上げすぎてボールが前に飛ばないこと)などのミスショットにつながります。

リバースピボットを直すことで、体重移動をスイングに乗せられ、ボールの飛距離を大きく伸ばせます。腕力に自信があるのにボールが飛ばないという人は、リバースピボットになっていないか確認してみてはいかがでしょうか?

リバースピボットの直し方

正しい体重移動の感覚を身につけることでリバースピボットを直せます。正しい体重移動は、以下の簡単なスイング練習で体感できます。

・トップ(振り上げ切ったところ)で、左足を完全に浮かす。

バックスイングではほとんどの体重を右足にかけます。左足を浮かし、右足だけでトップを維持することで、右足に体重をかける感覚が身につきます。

・ダウンスイングからフィニッシュにかけて右足を浮かす。

ダウンスイングでは右足に置いていた体重を、左足に移動させます。振り降ろしに合わせて、左足を踏み込み、右足を浮かすことで体重を前に移動させる感覚が身につきます。

まとめ

リバースピボットは正しい体重移動と真逆の体重移動で、スイングに力が乗らず飛距離が落ち、ダフリやテンプラなどのミスショットにつながります。リバースピボットは正しい体重移動の感覚を身につけることで直せます。

・トップで左足を完全に浮かす

・ダウンスイングからフィニッシュにかけて右足を浮かす

上記2点を取り入れたスイング練習により、正しい体重移動の感覚を身につけられます。リバースピボットを直すことで、飛距離を大きく伸ばせます。正しい体重移動を身につけてリバースピボットを直し、周りを驚かせるような飛距離を手に入れましょう!