ゴルフ用語を覚えよう!ゴルフのターフってなに?

ゴルフの打ち方ターフをとることを目標にされている方へ、ターフがとれる理想的なアイアンショットを実現するための打ち方や、イメージすべき事柄をご紹介しています。グリーン間際でのアイアンショットを制することができれば、大幅なスコアアップも期待できます。

ターフを取るスイングがアイアンの理想

ターフとは芝生のことです。アイアンで打つ際の理想は、インパクト後、ボールの置いてある位置よりも少し前の芝生が削り取られることを、ゴルフの打ち方ターフがとれるスイングというものです。

なぜ、この打ち方が理想といえるのでしょうか?理由は、アイアンは最下点でボールを打つのではなく、最下点よりも少し前で打つべきだからです。

つまりボールを打った後でさらにヘッドは地面に近づき、セットしたボールの位置よりも少し前の芝生を薄く削ぎ取るスイングができれば、上手くボールを舞い上げて打つことができているということになります。言い換えると、ダフらずに打てているというわけです。上級者になればなるほど、長いターフをとれるようになります。

アイアンショットでターフを取る

アイアンショットでターフを取るスイングは簡単ではありません。しかし、これをマスターすることで、ボールに強烈なスピンをかけることができ、グリーン上でピタリと止めることが可能になりますので、是非習得を目指したい打ち方の一つといえるでしょう。

ダウンブローで打つのが基本と言われますが、それだけを意識するとダフってしまってうまくいかないということも多いはずです。そのため、ターフを取ることだけに意識を集中せず、良いスイングの結果としてターフがとれるということを覚えておきましょう。つまり、ターフをとる意識よりも、ゴルフの基本中の基本である重心移動をまず見直したほうが習得までの近道になるかもしれません。

上から下に打ちこんでボールを直線で切るような打ち方をイメージしてしまうと、重心移動が崩れてしまう危険があります。あくまで、重心移動によってインパクト後にヘッドが低く最下点を通過し、その結果としてターフを削って、フェニッシュの形へと移行していくというイメージのほうが、結果としてターフをとるスイングに近づけるでしょう。

インパクトだけが全てではない

アイアンショットで下に打ちこむイメージが先行してしまうと、インパクトの瞬間に体が止まってしまうことがあります。そうなると、円運動をしていないわけですから、ターフを取るようなスイングの軌道にはならず、円運動が中途半端で打たれたボールはスピン量も足りません。グリーンでピタッと止まってくれる理想の形には程遠い結果となるでしょう。ですから、インパクトの後も軸回転を意識しましょう。

また、どうしてもインパクトの瞬間に体が止まってしまうという方は、実際のボールよりも一個分前にボールをイメージして、そのボールを打つようにスイングするのも効果的です。

そうすれば、実際のボールは最下点の前で打ちだされ、体の動きを止めることなく軸回転させる感覚をつかめるでしょう。

グリーン手前でパニックにならないために

アイアンショットを繰りだす状況はグリーンが近づくほど増えていきます。勝負を左右する局面ですし、繊細な技術が求められるため、浮足立ってしまわないように注意しましょう。落ち着いて体の位置を飛球線と平行にそろえましょう。最初の体の角度がずれてしまっていては、良いボールの軌道も見込めません。

その後はしっかりと前傾姿勢を保ちながらスイングするのも忘れないようにしたいものです。力み過ぎずにグリップは優しく握り、インパクトの瞬間はボールよりも最下点になってほしい位置に視線を向けます。後は体の軸を意識しながら、慌てずにスイングしていきましょう。

初めのうちは慣れないかもしれず、ダフってしまうこともあるかもしれませんが、地道に経験を積めば、いつの間にか目指していたターフがとれるスイングを習得できているはずです。