夏場のゴルフにもオススメ!早朝スルーのメリットって?

日照時間が短くなる夏場のゴルフは「早朝スルー」がおすすめです。早朝スルーを活用すれば、安くゴルフを楽しめるだけでなく、体力強化や体調改善、整腸作用など、身体の健康バランスを整える効果も期待できます。

早朝スルーを利用して1日を効率よく使う

早朝スルーとは、英語で「アーリーバード」ともいい「早起きは三文の徳」という意味があります。通常、夏季のゴルフ場は7時から1組目がプレイを始め、最終グループは10時半ごろからスタートします。しかし、早朝スルーは1組目よりもさらに早い、早朝4時半から5時くらいにスタートし、9時ごろにホールアウトします。したがって、夏の暑い時期などは、最も気温が高くなるお昼前の時間帯よりも、早くプレイを終えることができます。今回は、そんな早朝スルーのメリットをいくつか紹介したいと思います。

食事をはさんでプレイするのはゴルフだけ

ゴルフを経験している人の中で、よく耳にするのが「前半はスコアがすごく伸びたのに、ランチをとった午後からのラウンドではスコアが落ちた」という声です。ゴルフはスポーツでもありますが、社交の場としての側面もあるため、食事をとる時間はとても重要な時間であるとされてきました。しかし、ゴルフに限らず、すべてのスポーツに共通するのが、テンションやリズムの重要性です。特にゴルフがプレーを一度中断すると、それまでの流れがリセットされてしまい、調子を保てなくなってしまいます。しかし、早朝スルーの場合、プレー自体を午前中で終えることができるため、集中して18ホールをプレーすることができます。

早朝スルーは実はお財布にやさしい

すべてのゴルフ場に共通している訳ではありませんが、早朝スルーのプレー金額は通常の時間帯よりも安く設定されているケースが多いです。また、早朝にゴルフ場に向かう場合、帰りは渋滞する時間帯でもないため、スムーズに帰宅できます。早朝スルーは昼前までには、ラウンドが終了するため、昼からはランチや映画楽しむなど、午後の時間はすべて自由に使うことができます。

女性にこそオススメ!早朝スルーで朝活

早朝スルーは特に女性にオススメです。ゴルフは屋外のスポーツのため、汗や日焼けなどを気にする女性は日中のゴルフに抵抗を感じている人も多いはずです。しかし、早朝スルーなら朝日が昇る前に到着し、昼前にはラウンドが終了してしまうため、日焼けの危険が迫る日差しの一番強い時間帯を避けることができます。また、朝早く体を動かすと適度な明るさの日光を浴びることができるため、自律神経が整います。その他、腸の動きも活発にしてくれる効果があるようです。女性をゴルフに誘いたい、そのようにお考えの方は、是非とも早朝プレーを誘ってみることをおすすめします。きっと、良い返事がもらえることでしょう。