ゴルフスイングは左足!青山加織プロがためになるドリルをご紹介!【動画】

今回はゴルフスイングの左足の使い方がテーマです。青山プロの話によると左足を上手に使えるようになると上半身に頼らなくても自然とヘッドスピードは上がるようになるそうです。俗に言う左の壁を作るドリルも紹介してくれているので興味がある方は是非参考にしてみて下さい。

上半身リラックスしていても十分にヘッドスピードは上がります

皆さんこんにちは。プロゴルファーの青山香織です。今日はヘッドスピードを上げるコツについてレッスンしていきたいと思います。

皆さん、ヘッドスピードを上げようと思う時にすごく上半身でガッと力を入れてしまったりもう本当に上半身に頼ってヘッドスピードを上げようとしていますね。

そこでヘッドスピードの上げるコツなんですけど、上半身リラックスしていても十分にヘッドスピードを上がりますし、距離も十分に生み出せると思いますまず。

ポイントは左の壁。インパクトを迎える時にしっかりとつま先を踏ん張る

まず一つ、そのポイントとしては左の壁。これもよく聞くと思うんですけど、左の壁。このインパクトを迎える時に右に体重が残ってしまい、左のつま先がこういう風にめくれてしまう。

そうするとやはりヘッドスピード、ここでスピードにしっかり乗ってきたものが右に体重が残って、左のつま先がめくれてしまうことによって減速して力が抜けてしまいます。

なので、しっかりこのトップからインパクトを迎える時に左のつま先をしっかり踏ん張って壁を作ることによって、一気にここでスピードに乗ってヘッドが走ります。逆にここでインパクトの時にこういう力が抜ける動きになってしまうとスピードも減速してしまいます。

しっかりトップから右足で蹴って、下半身を先行させてヘッドを走らせる。さらにこのインパクトから先は左のつま先をしっかり踏ん張って、その反動でここでヘッドがスピードに乗って走ってというこの一つつま先がポイントです。

まず、左のつま先がめくれてしまってヘッドスピードが減速してしまうショットです。これではあまり距離が望めません。

次にしっかりと左のつま先を踏ん張ってアドレスの状態をキープしたままの左のつま先、しっかりとフィニッシュでも踏ん張れます。

左のつま先の横に置いたボールが動かないようにショット練習しよう

この一つご自分で練習される時の気をつけるポイントがとても分かりやすくなる練習方法として、このボールをアドレスの時にまず片手で構えていただいて、ボールを持ったままでアドレスの位置が決まったら、左のつま先の横に置いてみましょう。その状態でこのボールが動かないようにします。

ボールが変わらない状態です。しかし、これがインパクトの時に左のつま先がめくれてしまったりするとこのボール動いてしまうので、その動いてしまう例としてこのようにつま先は(目標の)方向に向いてしまって、ボールもこちらに転がってしまいます。

アドレスを構えておいて、アドレスのつま先の方向が変わらないようにしっかりとこのボールがキープできると左の壁もしっかり出来て、ヘッドが走りやすくなると思います。皆さんもこのボール練習を是非試してみてください。 

詳しい動画の内容が知りたい方は画像をタッチ!(PCはクリック)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓