初心者必見!ゴルフの練習で気をつけたい4つのこと

ゴルフの練習はスコアを上げるためには欠かせません。しかし、練習方法を間違えてしまうとゴルフの上達が遅くなってしまうことがあります。今回はゴルフの練習で気をつけたいことを4つまとめました。

特定のゴルフクラブのみ練習するのはNG

ゴルフの練習では、ドライバーやアイアンなど、飛距離を稼ぐためのゴルフクラブだけではなく、グリーンそばからボールをグリーンに乗せるために使うウェッジ、グリーンで重要なパターも練習するようにしましょう。

飛距離を稼げるようなスイングを習得できたとしても、ボールをグリーンに乗せる、少ないパット数でボールをカップに入れることができなければ、スコアを上げることはできません。

ゴルフ練習場では、ドライバーやアイアン、ウェッジを練習し、自宅ではパターでボールを打ったときの距離感を掴むような練習を心がけるようにしましょう。

体が傾いていないか確認

練習する際には、ゴルフのスイングだけでなく、クラブを握って構えるアドレスにも注目しましょう。体が傾いた状態では、誤ったスイングやフォームを身に着けることが多く、悪いクセもついてしまうことがほとんどです。

ゴルフ練習場に設置されているスイング解析機では、スイングのみではなく、体が無意識に傾いた状態を確認することによって、ゴルフの上達を早くすることができます。

体が傾くのは、ボールを上げようとして無意識にとってしまう姿勢です。自然なアドレスを心がけるようにしましょう。

一貫したゴルフスイングを心がける

スイングを最初に引くテークバックから、スイングの終わりであるフィニッシュまで一貫したゴルフスイングを練習では心がけるようにしましょう。

ゴルフは腕だけで打つのではなく、体全体を使うことが基本です。一つ一つの動作は重要ですが、それぞれの動作を止めて、スイングの練習をしてしまうとぎこちないスイングになってしまいます。スイングを一連の動作として認識して、始まりから終わりを意識してゴルフの練習をするようにしましょう。

腕と肩の角度を変えない

ゴルフスイングの基本は、腕と肩の角度を変えないことです。腕と方のスイングを変えないスイングの練習方法は、ビジネスゾーンを練習することです。ビジネスゾーンとは、腰の高さから腰の高さまでのスイングのことを指します。最初からフルスイングの練習をしてしまうと、距離感を掴むショットを覚えることができません。ビジネスゾーンを習得できれば、ボールに方向性を持たせたショットを打てるようになるので、意識して練習しましょう。

ビジネスゾーンを習得する際に、振り幅を保つことが重要なので、一定のテンポ・リズムを心がけたスイングで練習しましょう。