初心者必見!ゴルフのオーバースイングの3つの直し方

オーバースイングとは、体が十分に回転していないにも関わらず、手首や指先、腕ばかりがを使ってクラブを振ろうとした結果、トップでヘッドが創造以上に深い位置に収まってしまう現象のことです。上半身の動きが下半身の動きよりも先行する振り遅れの状態になりやすく、フェースが開いた状態でボールに当たりやすくなるのが、このスイングの最大の特徴です。また、フェースの開きは、飛距離のバラつきを生む原因ともなりえます。今回は、オーバースイングの特徴と修正方法について簡単にまとめてみました。

オーバースイングってなに?

オーバースイングとは、トップでクラブが深い位置に収まってしまう現象のことで、アマチュアの場合は、体の回転よりも手首や指先の力だけでクラブを振り上げようとした結果、起こる現象の一つです。腕の力を全く使わずにクラブを振り上げてしまうと、ヘッドの重さによって、クラブは深い位置に収まろうとするため、人によっては頭に近い位置までクラブを振り上げてしまう人もいます。

オーバースイングはクラブが遅れて下りてきやすくなるため、シャフトの「しなり」を感じながら、ゆっくりとクラブを振っていきたいという方にはオススメです。ところが、クラブが遅れて下りてきやすいスイングは、同時にフェース面も開きやすくなってしまうため、放たれたボールは飛距離にバラつきが出やすくなってしまいます。

トッププロのジョン・デーリー選手や横峯さくら選手などが、オーバースイングでクラブを振るプレイヤーとして有名です。

オーバースイングは、ボールをより遠くまで飛ばせるスイングではありますが、修正したいとお考えの方は以下の3つのポイントを確認してみましょう。

テークバックで手首を使い過ぎていないかどうか、見直してみよう!

オーバースイングを修正したい場合、まず最初に見直すべきは「テークバック」です。クラブを動かす最初の時点で、フェースを開き気味に上げてしまう「ローリング」の動きは、特に要注意です。テークバック時点での腕や手首は、なるべく縦方向に動かす努力を怠らないようにしましょう。腕や手首を横方向にひねりるように動かしてしまってはいけません。

その他、テークバックではなるべく、左ひじはまっずぐ伸ばした状態でクラブを振り上げましょう。左ひじが曲がった状態でクラブを振ってしまうと、腕周りの筋肉に余分な力が入ってしまい、オーバースイングの原因となります。

グリップエンドが常に「体の中心」を示すように振り上げる

オーバースイングは、上半身の動きが下半身の動きよりも先行し過ぎてしまっていることが原因の一つです。そこで、オーバースイングを修正したい場合は、テークバック時にグリップエンドがどの方向を向いているのかどうかを一度、見直してみることをオススメします。

クラブを動かし始める早い段階でグリップエンドの向きが中心からずれてしまうと、腕や手首はどの方向へも自由に動いてしまいやすくなるため、腕や手首を余計に使ってしまうオーバースイング軌道でクラブを振ってしまいやすくなります。

体重はしっかり、右サイドへ。肩がしっかり回ったトップを目指そう!

体をしっかりと「ねじる」動きがなかなか難しい、シニア世代のゴルファーの場合、体の動きに合わせてクラブを振る「クセ」を身に付けてしまった結果、スイングがオーバースイングになってしまっているケースがあります。

そういった場合は、まずは体をしっかり回す感覚を養うためにも、まずはスタンスを狭めにし、体重をじっくり右足へ乗せながらテークバックする練習を繰り返しましょう。体重を右足へ移動させる意識を持つと、体の回転だけでなく、肩の入り具合も良くなります。

※テークバック時の左肩は、アドレス時の右肩がある位置までしっかりと回す意識が大切です。