スコアアップを目指そう!ゴルフスイングで打つ時に気をつけるべき4つのポイント

練習ではうまくいくのに本番となるとボールを打つときになかなか飛距離が出ない、ボールが思った方向へ飛ばないといった悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。今回はスコアアップを目指すために必要なボールを打つときに気をつけるべき4つのポイントを解説します。

ポイント1:ゴルフには横振りと縦振りの2つの振り方が存在する

もし、あなたがゴルフを始めたばかりの初心者でスイングを治したいのであれば、まずはゴルフスイングというものには大きく分けて「縦振り」「横振り」の2つがあることを覚えると良いでしょう。アイアンなど地面にあるボールを直接打つ場合は主に縦振りのスイングでボールを打っていきます。また、ドライバーやフェアウェイウッドなどのウッドクラブを使う場合は地面に刺したティーの上にボールをセットして打つことも多いため、このようなシーンでは「横振り」でクラブを振った方が良い結果を得られることが多いです。

ドライバーやフェアウェイウッドクラブはベアグラウンドやラフなどライの状況があまり良くない場所からボールを打つために最適化されたクラブではありません。むしろ、フカフカ絨毯のフェアウェイや見通しの良いティーグラウンドからボールを打つシーンを想定してクラブが設計されています。したがってヘッドを真上からボールにぶつけてスピンをかけて打っていくような「縦振り」のスイングで打っていくクラブではなく、真横からソールを滑らせて打っていく「横振り」のスイングで打っていくのがウッド系クラブの理想的な使い方となります。

ポイント2:状況や目的に合わせた最適なクラブ選択とは何かを考える

皆さんはコースでボールを打つときにどんなことを考えてクラブ選択をしていますか?多くの方が残り距離やライの状況に合わせて自分自身の大体の飛距離の目安を基準にクラブを選択していると思いますが、クラブを選択をするときにアマチュアゴルファーが陥りがちなのが、残り距離の計算間違いです。ゴルフコースにはホールごとに50ヤード刻みや30ヤード刻みで杭が打ち付けられていますよね。おそらくほとんどの方がその杭を参考にクラブを選択しているのではないでしょうか。たしかに、残り距離を計算するという意味ではベーシックなやり方なのですが、その杭から見て残り距離はどの地点までの話なのか、これをしっかり確かめずにスタートしてしまっているゴルファーが非常に多いのです。

コースによっては残り距離がセンターまでという計算で杭が打たれているところもありますし、古いコースであれば、手前のエッジまで届く距離ということで杭が打たれている場合もあります。そんな時に同伴のキャディーさんがいれば安心ですが、最近はセルフプレーも流行っているのでこういうことは必ずスタート前にマスター室等で確認しておくことが大切です。なお、コースの攻め方についてですが、しっかりスコアメイクしてプレーしたいという場合、残り距離が200ヤードで無理に大きい番手を選んで230ヤードくらい飛ぶクラブをチョイスするのは間違いです。腕にあまり自身がない場合は残り距離しっかり200ヤード飛ぶクラブを選択し、やや短めに握ってしっかりフルショットした方が良い結果が得られます。

ポイント3:誰が見てもかっこいいと思われる綺麗なアドレスを身につける

オンプレーンのスイング軌道でしっかりボールにミートできるようになると飛距離も伸び、方向性も安定します。そのようなスイングフォームを身につけるためには、まず正しい姿勢でアドレスできるようにならなければなりません。

上級者やプロなど、ゴルフが上手な方はアドレスの形次第でどんな球筋のボールが出やすいのか、その傾向まで分かってしまうと言います。それほどまでに重要なアドレスですから、無駄な力が入っておらず、力みのないニュートラルなアドレスを作ることは口で言うほど簡単なものではありません。以下のアドレスの作り方は非常にシンプルでベーシックな構え方の一例ですが、このアドレス基本に自分自身が最も構えやすいと思えるアドレスを作ってみて下さい。

<手順1>

股関節から背筋をしっかり伸ばして、お辞儀をするように腰から下を前にかがむ。この時に、 両胸はしっかり張りを持たせて背骨は真っすぐの上体を保つ。

<手順2>

ひざはすねからしたが、地面に垂直になるように立つ。この時にお尻を天井に向かって突き出して、体重は2本足の土踏まずにかかる上体で踏ん張る。

<手順3>

両胸と背骨が張りのある状態で突っ張った状態ではスイングがしずらいので、いちどだらりと力を抜き、背骨が少し丸まっているくらいの状態でスイングを開始する。

ポイント4:ボールに当てにいくスイングをしない。ムダな力を抜く

素振りの時はとてもスムーズにクラブを振り切れるのに、いざボールが目の前に現れると、急に思い通りに振れなくなってしまうという方は多いのではないでしょうか。もし当てはまるという方、もしかしたら「ひっかけ」や「スライス」「トップ」に良く悩んでいませんか?

人間というものはおかしなものでボールがあると、目から入ってくる情報が全てですのでどうしてもボールに当てることばかりを考えてしまい、いわゆる手打ちでボールを打ってしまいがちになるんですね。でも素振りのときは目の前にはボールはありませんから、妙なところに力が入ることもありませんし、スムーズにクラブを振れるようになるのです。どうしても、ボールを目の前に置くと力が入ってしまうという方はとにかく初めのうちは力を抜くことから始めてみましょう。誰でも簡単にできる方法と言えば、まずは深呼吸からです。気持ちを大きく持ち、胸で息を吸い、ふーっと大きくため息をつくと、ムダな力が抜けてスムーズにクラブを振れるようになることがあります。

それでも、力が全く抜けないという方はピンポイントでまず方の力を抜いていきましょう。両肩が怒り肩になっている人はなで肩を意識します。さらに、テークバックで右ひじが突っ張ったったままクラブを振り上げる人は肘が常に真下の地面を向くようにテークバックしましょう。最後に指先や手先に力が入りすぎてしまうという方は何でもいいので、人差し指と親指の間に何かものを挟めた状態でクラブを振る訓練をしてみて下さい。ムダな力が抜けて、スムーズにクラブを振れるようになるはずです。今回はこのあたりで終了です。最後まで読んでいただきありがとうございました。