クラブを当ていくのはNG!ヘッドを最短で動かせばボールは自然と飛ぶ!

今回は役に立つゴルフ動画を1本ご紹介します。ティーチングプロの坂本プロの解説動画です。テーマはゴルフスイングの基本(スイングの原則)だそうです。ヘッドスピードを効率に上げるにはどうすれば良いのか、基本の概念が分かりやすい動画となっています。特に初心者ゴルファーにおすすめしたい内容となっています。

ヘッドの重量とは何かについて考えてみよう!

スイングづくりの基本で大切なことはゴルフクラブはどうしてもヘッドが重たいのでこのヘッドを振り回す力を上げたい。そして、ヘッドを動かしてボールに当てたいと考えてしまいます。ですが、ヘッドには重量というものがあります。その重量を実際に動かそうとすると、動かした重量によって自分が持っているクラブの持ち手の手の方にも動きが余計についてしまいます。ですから、当てに行ってはいけない。

クラブを当てに行くと、当てに言った分だけ重量は違う方向に動く

体でクラブヘッドをあてに行くっていう動作を行うと、クラブヘッドの重量が当てに行ったぶんだけ違う方向に動きます。その動いた物体の力が負荷となって、また自分の手を違う方向へ動かしてしまうことになります。したがって、ヘッドを動かすというよりはこの手元をどこに動かしたらいいか考えながらスイングしてあげた方がヘッドが余計な動きをせずにスイングが円滑になります。クラブはヘッドから動かしてしまうことに注意を置きながら、ボールを打っていくことは非常に大切。

ヘッドスピードの高速化は百害あって一利なし

ヘッドを早く動かすことで変化するヘッドスピードという数値があります。このヘッドスピードという数値はヘッドがボールに向かっていくスピードを速めるという上では意識しなければならない大切な概念なのですが、それを意識しすぎるとヘッドをすごく強く動かすという意識が強く働くことになってしまいます。こうなると、ヘッドの動きで手が動いてしまうという動きが起こってしまいます。そこで、最初に考えたいのはこのヘッドを速く動かす動作よりも、どうやったらゴルフクラブがボールまでの道のりを短くできるか。そして、どうすればゴルフクラブが動いていくのに余計な負荷がかからないかっていうのを考えながらスイングすることが大切です。そうすれば、ボールを打つ時に自分にとってのリラックスしたスイングとは何なのかが身に付きます。

ボールまでの到達時間をどうすれば短くできるかを考えよう!

クラブというのはなるべくボールまでの到達時間、そして移動距離を短くしてあげるようなスイングを考えて振ることがとても重要です。こういったことを意識してスイングすれば、自然とボールを打つ時に正しく打ちやすい状況が整ってきます。ヘッドのスピードを早めようという意識で振ってしまうと身体への負荷も強くなってしまいます。ですから、どうやったらボールまでの到達時間を短くしてボールを打っていけるかということを考えて、スイングしていただければゴルフスイングといのは自然とうまくいきます。 

内容はいかがだったでしょうか?参考になりましたでしょうか?

詳しくは以下の動画をcheck!!

↓↓↓↓ ↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓