菅原大地プロが解説!体の動きとの調和をもたらすゴルフスイングの基本をご紹介【動画】

ゴルフ初心者の方、途中で打ち方が分からなくなる時ってありますよね。・・・。そんな悩みに効果的なドリルを菅原大地プロさんが教えてくれます。動画で紹介されているドリルは手の動き、そして体の動きとの調和をもたらす簡単だけど超有効的な練習ドリルなんだとか。ぜひ参考にしてみて下さい。

まずはやってみよう!手首は縦、体は右、左。

どうも、ゴルフレッスンプロの菅原大地です。今日も横浜ハンズゴルフクラブからお送りしております。

ということで今回ご紹介させていただくのはスイングの基礎となるような練習ドリルのひとつをご紹介させていただきたいと思うんですが、今日ご紹介するドリルは特にゴルフの初心者の方だったり、上げ方とか、下ろし方で悩んでる方なんかはボールが曲がっちゃうとかそういった方にもですね。

ぜひ有効なドリルなんじゃないかなと思っております。でーこのドリルはですね。私のえーと初心者専用クラスというスクールを以前持っていたんですが、その時にもですね。ゴルフをまず初めてこのスイングの基礎を覚えてもらう上でやっていただいてたようなドリルとなっております。

自分も調子が悪くなってきた時に時々やったりするようなドリルになります。では早速ご紹介したいと思うんですが、全部で簡単に三つのステップがあります。

通常の基本の構えを作ります。クラブは今ピッチングでやっております。まずステップ1は手首でクラブを地面とおおよそを平行になるくらいまで持ち上げる。これがまずステップ1です。ステップ1、コックでクラブを持ち上げましょうということですね。

横から見るとこんな感じです。その時注意ポイントは体が起き上がらないようにすること。背中の軸、背中の角度を変わらずに純粋に手首だけでクラブを縦に持ち上げるということですね。これがステップ1です。

ステップ2は頭が動かないようにその場で右にひねってくる。体の真横に手元、クラブがしっかり立ってくるような形ですね。でステップ3はそれを元の位置に戻しにいくようにして、振ってあげて、フィニッシュまで来るという感じでございます。

手を開いて閉じるではなく、手首を立てて使う

これをスムーズにやると、クラブを持ち上げる、捻る、戻す。言葉にするとこんな感じでシンプルになってるんですが、まず一つのポイントとしてはクラブはとにかくこのように手首は縦の動きをしますよっていう、こういう覚えるための一つのドリルです。手はあまり開いて閉じる、確かにこういう動きはですね。あるんですが、これは意図的にやるんではなくて基本的には縦の動きだということですね。

そして体が右を向く、左を向く。こういう捻りの動きによって、今の縦の動き、横の動きが合わさってスイングが出来上がっていますというようなことを覚えるためのスイングの元となるような、そういった練習になります。これでフェースを捻ってしまう、返してしまうという方はバックスイングでそもそも手を開きにいって上げてしまうとか、ここで手を捻っちゃったりする。それによって体とクラブの関係性があまり良い状態ではなくなってしまうっていうのもありますので、まずは手首でこうクラブを縦に使うんですよっていうのを覚えてもらうためのドリルでもあります。

そして、この持ち上げた時にもやっぱり体に適度な緊張感が入りやすいのでその状態で体を右に捻ることでよりこの少ないけど、かつ効率良い力が下半身だったり、お腹のねじれっていうところを作っていくわけですね。クラブを持ち上げる、捻る。

捻った時に手元の高さはおおよそ腰から肩の間くらいですね。今画面で見てるのと同じくらいの高さでOKです。クラブがあまりこう寝かせずに今ピッチングウェッジなのでしっかり立てて使うことで持ち上げる、捻る、戻す。

こういうシンプルなドリルなんですが、非常にこの手の使い方、そしてその手を使ってる時の体の使い方、その二つの関係性。こういったことが自然に身につきやすいドリルなってます。コックで上げる、捻る、これはぜひですね。リズム感を大切にしていただいて、1、2、打つっていう感じですね。持ち上げる、捻る、打つ。この何がいいかって言うと、さっきも言いましたが持ち上げた時に適度に腕にも良い力感、良い力感が入ってくるのでこのドリルの良いポイントかなって思います。

手がゆるすぎても良くないし、硬すぎても良くないんでクラブを持ち上げる最低限の力っていうのが入っていかないといけないので、そしてクラブをしっかり縦に持ち上げやすいそういうグリップになっているかどうかっていうのもひとつチェックポイントになりますので、クラブを縦に上げづらいっていう方はグリップを見直す必要がありますね。

頭が起き上がんないように上げる、捻る、戻す。 しっかり下に降ろしていく、こういう手首を縦に使う意識もやっぱりないとですね。ボールにうまくヒットしてこないんじゃないかなと思いますので、上げて下ろす。手首はこういう動きをしますね。手首、肘はこんな動きをします。これと回転が合わさっていくので、スイングになってますよっていうようなスイングの元となるような練習ドリルです。

まず最初は挑戦者の方は特にピッチングでやる事をお勧めします。構えを作って、手首で持ち上げる、捻る、戻す。これはボールができるだけストレートまっすぐに飛んだ方がいいんじゃないかなと思いますし、そのフィニッシュではクラブがまっすぐに立ってくるようなシャフトが立ってくるような形でフィニッシュがとれてるといいと思います。

まずはフルショットではなくて、ピッチングで男性だったら50ヤードくらい、女性だったらそれを小さくてもいいくらいです。捻る、戻す、そんな感じですね。非常にシンプルではありますが、とても大事な基礎となるようなドリルだと思います。

足が動かずに手打ちしないように!徐々にスピードを上げる

例えば良くない例として上げて、戻して、足が動かずに手打ちしてしまうような、足が動いてないっていうのはこの右足が出てこなくて、しっかり体が正面まで向けてない状態ですね。このように手で振るんではなくて、しっかりこのまず右向いた、捻った体をしっかり左にその勢い反動で向いていくっていうこと、そしてクラブはしっかり下に降ろしに行くんだっていうそういう意識が出てくるといいと思います。

これから発展してくと、持ち上げる、捻る、落とす。こんな感じでだんだんとですね。スピード感が上がってくれば、この強く振るっていうのも一つの練習として取り入れていいと思います。クラブをパッと持ち上げた時にはやっぱり適度な緊張感が入るので、非常にこうスイングリズムがスムーズになるような、そういったドリルの一つでもありますのでこれプロゴルファーなんかもですね。ちょっとこうクラブを持ち上げてそっから振っていくようなそういったドリルを実践している方も時々見かけますね。

あとはこれに近い形で言うと、打つ直前にクラブをちょっと持ち上げて、そっから打つ選手なんかもいたりするのでちょっと持ち上げるって言うのは、クラブを少し持つことによって体に適度な緊張感が出てくる。そういったポイント、効果もあると思いますので、まずはこの手首でクラブを持ち上げる。縦に使えますよって、そっから右に向いてた時にはやっぱり無理にひねったりしないので、シンプルに体の正面にいる状態、良い関係が作れてそっからクラブが落ちてくるっていうそのスイング軌道も覚えるひとつの練習になるかなと思います。

ドリルを試すなど極端な感覚の塗り替えが上達につながる

あのご自分で練習されてる方は自主練習されてる方を見てると、やっぱとにかく普通に

打ってる練習をされてる方が多いと思うんですよね。それもそれも決して悪いことではないんですけど、何かを変えるとか、新しい動きを覚える時にはこういうドリルをやったりとか、極端なこの感覚の塗り替えが大事かなと思います。

ただひたすら打ってるとそのやっぱ自分に合った今の意識にあったその癖がですね、ついてっちゃうと思いますのでゴルフってそうゆうこ自分ではわからない部分でいつのまにか癖が付いてる。みたいなこともありますのでこういうドリルでちゃんと基本に立ち戻ったりとかですね。

後は新しい動きを覚える時には何かドリルを使って感覚を早く覚えたりとかですね。そういったドリルっていうのは有効に活用してあげると上達速度スピードはね上がってくるんじゃないかなと思います。

この話、初心者の方でも練習していいかわからないっていう方はまずきちんと上げてボールをまっすぐ飛ばすような形をね。作ってあげるといいかなと思います。手首の使い方と体を捻って戻すっていう両方の手と体の両方の使い方が覚えられるように、シンプルではありますがこれがやっぱまずできたほうがいいという、非常に大事な事だと思っておりますので是非参考にしていただければと思います。

 詳しい動画の内容が知りたい方は画像をタッチ!(PCはクリック)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓