ゴルフスイングの基礎をレッスンプロの菅原Daichiさんが徹底解説!【動画】

今回はゴルフレッスンプロのDaichiさんがゴルフスイングの基礎を徹底解説!プロやトップアマも調子が崩れた時は今回紹介したドリルで修正するそうです。手の動き、そして体の動きとの調和をもたらす、簡単だけども超有効な練習ドリルのご紹介です。

クラブを持ち上げる、捻る、戻す、シンプルなスイングを目指そう!

【解説文】

どうもゴルフレッスンプロの菅原Daichiです。今日も横浜ハンズゴルフクラブから送りしております。ということで、今回皆さんにご紹介させていただくのはスイングの基礎となるような練習ドリルのひとつです。では早速ご紹介させていただきたいと思います。

実は今日ご紹介するドリルは特にゴルフの初心者の方だったり、曲げ方とか、クラブの降ろし方で悩んでる方やボールが曲がっちゃうとかはそういった方にも、ぜひ有効なドリルなんじゃないかなと思っております。

このドリルはですね。私がえーと、初心者専用クラスというスクールをハンズゴルフクラブで以前持っていたんですが、その時にですね。ゴルフをまず初めてこのスイングの基礎を覚えてもらう上でやっていただいてたようなドリルとなっております。

また自分もですね、調子が悪くなってきた時にたまに実践していたりするようなドリルになります。では早速ご紹介したいと思うんですが、今回は全部で簡単に三つのステップがあります。

まずクラブを構えてから通常の基本の構えを作ります。クラブは今ピッチングでやっております。まずはステップ1は手首でクラブを地面とおおよそ平行になるくらいまで持ち上げます。これはまずステップ1です。ステップ1で重要なことはコックでクラブを持ち上げましょうということですね。

後ろから見るとこんな感じです。その時の注意ポイントは体が起き上がらないようにすること、特に背中の軸、背中の角度は変わえないイメージで手首だけでクラブを縦に持ち上げるということですね。これがステップ1です。

次にステップ2ですが、ステップ2では頭が動かないようにします。その場で右に開店する。クラブが体の真横に手元でクラブがしっかり立ってくるような形です。

そしてステップ3はそれを元の位置に戻しに行くようにして振ってあげて、フィニッシュまで下ろしてくるという感じでございます。この一連の動作がスムーズになってくるとクラブを持ち上げる、捻る、戻す、言葉にするとこんな感じでとても動きがシンプルになってくると思います。

初心者はピッチング!クラブは手首で持ち上げる、捻る、戻す

【解説文】

この時、まず一つのポイントとしてはクラブはとにかくこのように手首は縦の動きで動かす感覚を覚えましょう。そういった動きを覚えるための一つのドリルでもあります。スイング中のクラブは開いて閉じる、確かにこういう動きはあるんですが、これを意図的にやるんではなくて、基本的には縦の動きだということですね。

そして体が右を向く、そして左を向く。こういう「ひねり」の動きによって、縦の動き、この動きが合わさって、スイングというものは出来上がっています。そういった感覚を覚えるためのスイングの元となるような、そういった練習になります。

クラブフェイスを捻りながら、スイング開始しまうという方はバックスイングでそもそも、開き気味にあげてしまうとか、手を捻ったりする。それによって、体とクラブの関係性があまり良い状態ではなくなってしまっている可能性があります。

そういった方はまずは手首でクラブを縦に使うんですよっていうのを覚えてもらうとよいでしょう。そしてこの持ち上げた時にもやっぱり体に適度な緊張感が入りやすいのでその状態で体を右にひねることでより少ないけど効率良い力を下半身とお腹のねじれっていうところ作っていくわけですね。

クラブを持ち上げるひねるという動作が入ると、この時のクラブの元の高さはおよそ腰から肩の間くらいですね。このときのクラブはあまり寝かせずに今、私はピッチングウェッジを使っているのですが、しっかり立てて使うことがとても大切です。

クラブを持ち上げる、ひねる、戻す、今回はこういうシンプルなドリルなんですが、この手の使い方、そして、その手の使ってる時の体の使い方、その二つの関係性、こういったことが自然に身につきやすいドリルなっています。

コックで上げる。そしてひねる。これはぜひですね。リズム感を大切にしていただいきたいと思います。そしてクラブを持ち上げた時に適度に腕にも力が入ってくるのですが、私はこの時の力加減はゆるすぎても良くないんでクラブを持ち上げる最低限の力っていうのはやっぱ入ってかないといけない。

そしてクラブをしっかり縦に持ち上げやすい、そういうグリップになってるかどうかということも一つチェックポイントになります。ですからこの時に縦に上げづらいという場合はグリップも見直す必要がありますね。

初心者の方は特にピッチングでやることをお勧めします。クラブは手首で持ち上げる、そして捻る、それを戻す。実際に打ったボールはストレートまっすぐに飛んだ方がいいんじゃないかなと思いますし。フィニッシュではクラブが真っ直ぐに来たってくるようなシャフトが立ってくるような形でフィニッシュがとれてるといいと思います。

まずはフルショットではなくてピッチングで男性だったら5時くらいのポジションまで振ります。女性だったら、それよりも小さくスイングしてもいいくらいですね。非常にシンプルではありますが、とても大事な基礎となるようなスイングだといます。

足が動かずに固定打ちはNG!しっかりと体を正面を向けて!

【解説文】

例えば良くない例として、クラブをあげるときにどうしても足が動かずに固定打ちしてしまうような、足が動いてない人がたまにいます。右足が出てこなくてしっかり体が正面を向いていない状態ですね。このように手で振るのではなくて、しっかりとまずは右向いて、ひねった体をしっかりと左に回す。その勢いや反動でを使っていくっていうこと、そしてクラブはしっかり下に降ろしに行くという、そういう意識が出てくるといいと思います。

この動きが発展していくと、持ち上げる、ひねる、戻す、この一連の動きもこんな感じでだんだんとですね。スピード感が上がってくれば、強く振っていうののも練習として取り入れて良いと思います。

クラブを持ち上げた時には、やっぱり適度な緊張感が入るのでスイングリズムがスムーズになるようなそういったドリルのひとつでもあります。ですから時々はこれをプロゴルファーなんかもですね、ちょっとクラブを持ち上げて、そこから振っていくようなそういったドリルを実践しているような方も時々見かけます。

あとはこれに近い形で言うと、打つ直前にクラブをちょっと持ち上げて、そこから打っていく選手なんかもいたりします。ですからちょっと持ち上げるっていうのはクラブを少し持つことによって、体に適度な緊張感が出てくる、そういったエコポイント効果もあると思います。ですから皆さんはまずはこの手首でクラブを持ち上げる、クラブを縦に使う感覚、そっから右に向いた状態でにボールに当たるようなスイング軌道も覚える。そういった感覚を覚えるひとつの練習にもなるかなと思います。

自己流は危険!ドリルでちゃんと基本に立ち戻ろう!

【解説文】

ゴルフを自己流で練習されてる方を見てると、とにかく普通にボールを打つ練習をされてる方が多いと思うんですよ。それ自体は決して悪いことではないんですけど、何かを変えるとか、新しい動きを覚えるという時にはこういうドリルをやったりとか、極端な感覚の塗り替えというがそういったことが大事になってくるのかなと思います。

ただひたすら打ってるだけだと、自分ではわからない部分でいつのまにか変な癖がが付いてるみたいなそういう恐ろしさもありますので、こういうドリルでちゃんと基本に立ち戻ったりとかですね。後はそういったドリルっていうのは有効に活用してあげると上達の速度スピードはね上がってくるんじゃないかなと思います。得にゴルフの初心者の方でどんな練習をしていいかわからないっていう方はまずピッチングでボールをまっすぐ飛ばすような形を作ってあげるといいかなと思います。

手の使い方と体のひねって戻すっていう両方の手と体の両方の使い方が覚えられるような非常にシンプルではありますが、これがまずできた方がいいっていう非常に大事なドリルではないかと思っておりますので是非参考にしていただければと思います。

詳しい内容が知りたい方は画像をタッチで動画をチェック!(PCはクリック)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓