ゴルフスイングの基本、ドライバーってどうやればいい?菅原大地プロが教える高効率スイング!【動画】

今回はゴルフスイングの基本ドライバー編がテーマです。そもそもドライバーってどうやって打てばボールが良く飛ぶのか。レッスンプロの菅原大地さんが徹底解説!効率よくドライバーを飛ばす方法がわからない方など、基本から学びたい方は是非参考にしてみて下さい。

一番ヘッドに力が伝わるのは、ドライバーに関しては横振り

どうもゴルフレッスンプロの菅原大地です。今日も横浜ハンズゴルフクラブからお送りしております。前回は構えについて解説をさせていただきましたのでいい構えが出来たら、最後はそのスイング、動きのイメージを今回はお伝えさせていただければと思います。

では、早速ドライバーのスイングについて解説をしていきたいと思います。もうドライバーはその「スイング軌道」が「命」です。他のクラブもちろんそうなんですけど、もうとにかく私の場合はとにかく横振り。

最初にこの構えたこのシャフトの角度、傾きがあります。これが同じ傾きで後方線上に上がってくる、そして同じ傾きになること。今、ここで構えてるシャフトの角度とトップに上がった時のこのシャフトの角度がなんとなく同じくらい。

そうすると、同じ位置に戻りやすいよねっていうのと体に最もを巻きつけやすい。そして、ボールをまっすぐ飛ばそうとする「しなり」と一番マッチしてくるんじゃないかという。そういうイメージになります。

また、これだけじゃないです。打ち方は確かにドライバーで縦振りっていう考え方もありますが、私はもう横振りと言わせていただきます。

ドローボールを打つための動きですね。これが一番遠くにボールを飛ばす。一番超単純な動きのイメージはこのクラブヘッド腰の前の状態から後ろに引いて、戻す。後ろに引いて戻す。これが横振りですよね。

これが少し前傾が加わって行なっているだけ、そんなイメージになってください。この軌道で振れるとまずボールが捕まるようになると思います。

なので、とにかくこのスイング軌道、ゴルフの用語でスイングプレーンといいます。クラブが通ってくるこの通り道のことですね。ここを一番意識してまずは振っていきましょうということですね。

まずは横振り。腰から腰、こんな練習から始めていいと思います。腰から腰、スライスが出てしまう方はですねこういう感じです。クラブが上に来ちゃう。腰から腰で振ろうと思ってもすぐ上に来ちゃう。クラブもう立っちゃってますよね。ではなくて、まずは横に振りましょう。

私の力の伝導っていう動画でね。一番再生されてる動画でもありますが。一番ヘッドに力が伝わっていくのはこのドライバーに関しては横振りだと思ってます。横に振る。そうするとボールは捕まってきます。ドローボールになってきます。体に巻きつけるような軌道なんで。横振りというのは。

今極端にやってますけど。むちゃくちゃ極端にやっています。横振り、とにかく横振り、今のは超極端にやってますけどね。あと注意点としては、横振りしすぎると被ってて入ってくるのでそうならないように気をつけましょう。

横振りだと「面」が返ろうとします。横振りというのは上手くできると返ろうとするのでそこは面を上に向けていこうという感覚を意識することは大事ですね。

バックスイングで右肘を引かない。捻りを作る為に手を伸ばしながら上げる

フェースの面というのは当たった瞬間にドライバーのインパクトというのは面が上を向いていることです。一番飛ぶのは。なので横振りをしてまずこういう低い捕まったボールを打てるかどうかということが力が伝わるかという動作に向けての第一歩です。

ボールがこう捕まる、フックが出る。そうしたらフェイスを下に被らないように横振りでフェースが上を向く。そうすると、ほぼストレートに近いドローボールみたいなボールも出やすくなると思います。

横振りでフェースが上を向く。そうするとストレートにほぼ近いドローボールみたいなボールも出やすくなると思います。横振りでフェースが上を向く。今は男性の平均飛距離ぐらいですかね。230ヤードくらいのイメージでショットで打っております。

おそらく私が今打ってる軌道って上がったところよりも少し下から来て、そんな起動だと思います。手に力が入ってないとこういう素振りを前に動画でお送りいたしましたが、基本インサイドから来る。そして巻き付こうとしてきます。

ただ、肩が下がったり、軸が傾いたりしてクラブが後ろから来すぎないようには注意しなくてはいけません。ドライバーで楽に上手に飛ばすポイントはとにかく横振りです。

注意点としては、バックスイングの時に右肘を早く引かないようにする。横に振ろうと思って、後ろにサッて上げちゃう人がいますがが、手はできるだけ最初伸ばしてあげると、後で体に巻きつけやすくなってきます。捻りもちゃんと始まっていきます。こっちからも溜まってくるのでちゃんと右足の付け根にですね。

逆に、肘がこうやって早く曲がってしまう方は足とか体に何も変化が起きづらいです。変化を起こして、捻りをちゃんと作っていく。捻りを作るためには手を最初に伸ばしながらあげることをお勧めします。遠くに上がったクラブを体で引っ張って戻してくることで右は切って締まってくるので。この動きですね。遠くに上がって右脇開けちゃいけないっていう方いますけど右脇開け放題でいいです。

右脇は自然と締まるから、肘を曲けたり、脇を締める意識は持たなくていい

あと、ダウンスイングで締まってくればいいので。最初からずっと締めとけばいいよねって言う方もいるとは思いますけど、そうするとこうやって手で上げちゃうし、右脇締めたままっていうのを意識し過ぎると左に曲がっちゃったまま、右肘も曲がっちゃって。だから、あんまり僕は意識しなくていいと思いますね。

いわゆるフライングエルボーというこうやって後ろに手あげちゃう方の矯正の方法の一つとして、右脇を締めるってのはございます。また、手を遠くに遠くに遠くに上げることで捻りが始まりやすくなってきます。ですから遠くに上げたクラブを引くことで右脇が締まってきます。したがって、あまりこの肘がすぐに曲がったり、脇を締めようとか、そういう意識は無くていいと思います。このスイング軌道をとにかく確認して、うまくいっていない方は縦から下りてきます。クラブはこういう感じ。

そうするとドンって天プラしたりとかスライスになっちゃいますね。スライスは飛距離をかなりロスしてしまいますね。これでも打てないことは無いですが、間違った縦振りはですね。距離をロスします。スライスになっちゃう。

もちろんね。これでいいよっていう方はいいんですけどね。ただやっぱ最大飛距離は出ない。飛ばすという点でもそうですが、ドライバーを上手に打てる、方向性が出せるというのは一番効率よく触れることは横振りだと思ってます。これで230ヤードくらいかな。230~240くらいです。

足が動くと頭が動かない。足が動かないから頭が動く。

正面から見たこのアングルで動きとして気をつけるべきは軸がね。頭が動かないことっていうのはある程度あります。でも頭半分くらいまでは許容範囲かなと思いますが、全く動かさないと難しいんでね。頭半分くらいは許容範囲です。足が動くと頭が動かないです。足が動くと頭が動かない。足が動かないから頭が動いちゃう。上半身しか動かないってなっちゃう。

あとは構えでやりました。基本の構えをしっかり作って、ドライバーほど、グリッププレッシャー、手で持つ力は一番軽く握ります。密着かつ軽く握る。そして、低く低く引いて横に巻きつけていく。正面から見たときの一番その動きの中で大事なのは、インパクトですね。そこを一瞬の出来事で何かをやるってことはできないのでまぁイメージ、元からそうなるような形、イメージが大事なんですが、ボールは左足寄りにありますのでクラブは低く入ってくることをお勧めします。

低く入ってきて、最下点が大体、体の中心のこの辺です。ここからやや上がり際、飛行機で言うと離陸です。離陸途中で当たる。離陸した直後に当たるという感じ。そうするとイメージはフェースが上に向いてくる。これが一番ドライバーがですね。飛ぶ。上手に飛ぶポイントです。この時にフェースが被ったら駄目です。フェースは下むいてダメです。必ず、最下点から上がり際、そして面が上、これが出来た時にドライバーは正の飛距離、一番いい飛び方をします。そのクラブにとっても一番いい音がしてくると思います。ゼクシオとかだとカキーンってまぁゼクシオだとどこで当たってもカキーンって言うかな。

スローモーションで言うと、こういう感じです。頭が残って、体重は左足です。面が少し上向いてくる。最下点からやや上がり際、離陸直後。そういう感じですね。他のクラブは着陸直後に当たる。ドライバーは離陸。このアドレスを作って離陸で当たる。ドライバーが一番飛ぶとされてるのは高弾道、低スピンです。高く上がってスピン量が少ないこと、そのためのインパクトがこれですね。

高く上がるって言うことは面が上を向くこと。スピン量が少ないっていうのはその入射角度ですね。入射角度が 緩やかに入ってくることでスピン量が減りやすい。このまま当たれば飛ぶよっていう構えにしておくことが大事です。このまま当たれば飛ぶよ。あとは引いて戻す。フェイスが上向いたまま、離陸で当たる。赤体はブレない。手はゆるゆる。そして横振り。フェースの面は上で離陸で当たる。そうするとフィニッシュ、気づけばここに来ちゃいます。

まぁ体の柔らかさによって、ここまで来る来ないはありますが、顔の横までは皆さん来ますからね、基本的に。固い方でもここまでは、顔の横くらいまでは来ると。そこに来ないっていうのいは手にガッとよっぽど力入ってます。ゆるゆる、ゆるゆる、でも足はどっしり。手もゆるゆる。この状態で捻って戻す。そうすると、スピードも出る。そうするとここまでいっちゃう。そして巻き付いちゃう。そして横振りすると飛ぶ。これで260ヤードくらいです。

そんな感じでということで、今回はドライバーのスイングの動きを解説をさせていただきましたが、正解ってのはありませんので人それぞれ感覚が違いますし、体の体型とかね。骨格も違います。ですから自分に合ったスイングができるというのが一番です。

今回、私はこういう風にスイングしてますというのを今日お知らせさせていただきました。また別の観点から違う動かし方についても解説をしていきたいと思います。私の言いたいことはまず最初に言いたいドライバーの一つの動きとしたら横振り。まぁ横に振って体に巻き付けるて飛ばすっていうのが、私がまあ力がなくても飛んでる理由にもなっています。ですから、まずはそういう練習から始めてあげるといいと思います。

いきなりフルショットでバンバン飛ばそうってのはそもそもやっぱり難しいので、小さい動きからこうなれば飛ぶかなっていう形を理解、認識できてきてから徐々に遠くに飛ばすって言う練習をするのが一番の近道だと思っております。今回は私がいつもやっている最大効率スイングの一つであるこのドライバー横振りって言うね。この動きについて解説をさせて頂きましたありがとうございました 。

詳しい動画の内容が知りたい方は画像をタッチ!(PCはクリック)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓