ダウンスイングで右脇は絞れ!ゴルフのスイングで意識すべき右脇の3つのポイント

ダウンスイングでクラブを外側から降ろしてしまうヘッド軌道のことをアウトサイドインと呼びます。このような軌道でクラブを振っているゴルファーの多くは右脇の使い方に悩みを抱えています。 打ち出しからボールが左、左へと飛んでしまう「ひっかけ」に悩んでいる方は要注意です。まずはダウンスイング時の「右脇」の使い方を見直す必要があるでしょう。今回は、そんな右脇の正しい使い方のポイントを3つご紹介します。

切り返しで右脇を締めるってなに?

スイングする時に右脇は締めた状態でクラブを振った方が良い、そんな話を耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか?でも、なぜスイング中に右脇を締めてスイングした方が良いのか、皆さんはご存じでしょうか?

実はこの右脇を締めるという行為はダウンスイングの時の右脇のことを意味しており、アドレスからフィニッシュまでずっと右脇も締めた状態でスイングするという意味ではありません。ゴルフコースなどに行くとラウンド前に練習場かなにかでタオルを右脇に挟んでから、アドレス、トップとクラブを振り上げて、フィニッシュまでそれを落とさないような練習を実践している人を見かけますが、このような練習は全く意味がありません。

タオルを右脇に挟んだまま、クラブを振ろうとするとフォローやフィニッシュなど右脇はあまり邪魔にならない動きまでのびのびとした自由な使い方に制限をかけてしまうのでスイングアーク自体がとても小さなものになってしまいます。これでは極端な飛距離ダウンが起きてしまうだけでなく、トップやダウンスイングの動きまで小さくなってしまうので「ひっかけ」や「スライス」のミスが起きやすいスイングになってしまいます。とても危険な練習方法です。まだ、実践しているという方はすぐにこういった練習はストップしてください。

右脇はスイングアークが小さくならない程度に、ダウンスイングやトップで適度に締まっている、そんな状態がベストです。これを覚えておいてください。

ポイント①ダウンスイングでは右肘は曲げる、左腕はピンと張る!

右脇を締めるとは何かが理解できたところで次はどのようにしてそのような右脇のしまったダウンスイングを身につけていくかという話になるのですが、まずはテークバック時の右脇の動きを確認していきます。アドレスからトップに向かう動きのなかでクラブが腰の位置くらいまで上がってきた時に皆さんの両腕はどのようになっているでしょうか?この時に左腕が右肘よりも高い位置に収まっているかどうかをチェックします。この時の左腕というのはピンと張り、右肘はやや曲げる感じでクラブを振れていれば、おおむねOKです。

しかしながら、テークバックで右腕が伸び、また左腕も伸びおり、傍で見ていてもなんだか右肘が窮屈に見えるようなテークバックになっているのであれば、これは後々大きな問題につながることもあります。自分がもし、そのようなスイングをしているようでしたら、早めにスイングを修正しましょう。さらに、トップからダウンスイング時の右肘というのは今度は地面に対して、真下の方向を向けてクラブを振り下ろしていきます。ダウンスイングで真下に向けて振らなければなりませんのでトップの状態で右肘を横に突っ張っていてしまっていたのでは、スムーズに右肘を畳んでおろすことができなくなってしまいます。そこでトップ時の右肘は後方から見て、約90度の状態に右肘を収めておくことが大切です。

なお、ダウンスイングでの左腕というのは真っすぐ伸ばした状態でクラブを振りおろしてくるのが正解です。この時の右肘というのはトップの時の右肘も同じなのですが少し「ゆとり」というか、柔軟性を持たせておくようにしましょう。ムダな力が加わっていると体の近くに引き付けるようなイメージ右肘を引っ張ってくることができなくなるので注意してください。

右肘を上手に畳んだ状態で力まずにスムーズに右脇を締めた状態でスイングするにはある程度の訓練が必要です。そんな時にシャフトが柔らかいクラブなど、しなりのある棒切れなどがあれば、それを振ってみると良いでしょう。右肘が締まり、上手に右脇を締めた状態でスイングできていれば、体で「しなり」を感じることができるはずです。ぜひ試してみて下さい。

ポイント②左肩をターゲットよりも右に向けた状態でクラブを振る

クラブが外側から下りてきやすい人というのは、いわゆる右肘や右脇の使い方がとても下手な人ということになります。ここまでテークバックからトップ、そしてダウンスイングの右肘、右脇の使い方というものを解説してきました。しかしながら、右肘の間違った使い方を覚えてしまっている人というのは、少しぐらいスイングを修正しただけでは、すぐにクラブを内側から振れるようにならないでしょう。そこでもっと根本的な治療が必要になる訳ですが、そんな時にぜひ試してもらいたいのが、左肩の使い方を変えることでアウトサイドイン軌道を治すドリルの実践です。

多くの方はダウンスイングで左肩がどこを向いているかなどあまり考えずにスイングしていることでしょう。そこで今後は練習場や素振りでもなんでもいいのでダウンスイングでクラブを振り下ろしてくる時はターゲット方向よりも、左肩を少し右方向に向けた状態でクラブを振り切る練習というものを試してみて下さい。

アウトサイドイン軌道に悩まされ続けてきた人というのは、多くがダウンスイングでボールを打つ前のタイミングで左肩が目標方向よりも右を向いてインパクトする癖が身についてしまっている人が非常に多いです。これではクラブを振り抜こうとしても腕を目標方向に振ることができないのですべて外側からのカット軌道でヘッドが下りてきてしまいます。でも左肩の向きを意識するだけであなたのスイングは体の遠くをクラブヘッドが通過するようになり、フォロースルーでも思い切ってクラブを目標方向に低く長く出していけるようになります。

ダウンスイングからインパクトまではなるべく左肩が速く開いてしまわないように気を付けるべきです。インパクト時は左肩を右を向けながら、一気にクラブを振りきりましょう。右脇の締まったスイングに開かない左肩、この両方を習得することであなたのスイングは劇的に変化するでしょう。

ポイント③腕、手首、手の平に余計な力を入れるのはNG

ここまで、右肘と右脇、左肩の使い方を皆さんに伝授してきましたが、最後に皆さんが陥りやすいミスとそれに対しての処世術を皆さんにお伝えしたいと思います。

この記事を読んでいる人の多くは今までゴルフしかスポーツはやってきていないという人は少数派でしょう。特に少年期に野球、少女期にテニスをやっていたという人のなかには、もしかすると体の回転ではなく、手首を振るに使ってクラブを振っている方も多いのではないかと予想されます。これはいわゆるボディターン、リストターンと呼ばれている話なのですが、ダウンスイングであまりにも右腕や手首に力が入ってしまう方、つまりリストターン型のタイプの方はどうしてもテークバックやトップで右肘に力が入ってしまいやすいという傾向があります。テークバックで右肘に力が加わり過ぎると、当然ダウンスイングでも右脇が締まらず、といったスイングになってしまうので結果として手首や指先に力が入り過ぎた状態でクラブを握る癖は何とかしなければならないということになります。

全然関係ないと思った方は普通にスルーしてもらって構わないのですが、もし、自分は当てはまると思った方がございましたら、以下のドリルを実践してみて下さい。

指先や手首に力が入り過ぎるという方はますグリップを見直すことから始めてみましょう。グリップというのは「雀が死んでしまわないように」などと表現される通り、目いっぱいの力で握りしめるのではなく、クラブが下にずり落ちないくらいの強さでになるべく「柔らかく」握ってあげることが大切です。また、これは右利きゴルファーに多いのですが、左手をやや下側から包み込むように握り、右手を甲が上を向いた状態で被せてグリップを握っている人がたまにいます。これは右手の握力が強すぎる人がやってしまうと右手のグリップが強くなりすぎてしまって無駄な力が腕や指先に入ってしまう原因になります。もし当てはまる方がいましたらすぐに修正することをおすすめします。また、最後に指先に力が入り過ぎてしまう場合の修正法ですが、これはかぎ型を作って握っている右手のひとさし指と親指の間に「厚紙」か何かを挟んでグリップすると、徐々に力を加えなくてもクラブを振れるようになります。その方法も慣れていない人にとっては少し大変な作業になるかもしれませんが、実践すれば必ず変化は球筋に大きく表れてきますのであきらめすに頑張って下さい。今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。