直進性の高いボールで飛距離アップ!ゴルフのドローボールとは?打ち方はどうすればいい?

一緒にプレーしている人から褒められるようなビックドライブを一度でいいから打ってみたい。もしそんな夢を実現したいのであれば、ドローボールの習得は必須です。右利きゴルファーの場合、クラブヘッドにボールをしっかり包み込むような動きを加えなければ、自身が持つヘッドスピード以上の飛距離を実現することは難しいでしょう。しかし、ドローボールを習得すれば、ボールがあまり遠くへ飛ばないというスライサーや当たりの薄いトップボールしか打てないようなゴルファーでも飛ばし方やつかまえ方を覚えることでこれまでにない飛距離を手に入れることができる可能性が十分にあります。今回はそんなドローボールの魅力と簡単な打ち方をご紹介します。

今の弾道に不満足なすべてのゴルファーのために

体調も問題なく、フルスイングしたボールは必ず真っすぐ飛ぶ。それなのに、打ったボールはいつも落ち際で「右」にフェードアウトするように流れていってしまう。それに、ごくたまにしっかりボールに当たった感触が手に残ることもあるが、基本はスライスボールばかり。もし、この記事を読んでいる方の中にそういった問題に直面している方がいるのであれば、そういった方にこそ、ドローボールは有効な球筋であることをまずは最初に述べておくことにします。

もちろん、そういうスライス系の弾道のボールが好きだという方や今の飛距離に十分満足しているという方は、特にスイングを変える必要もなく、今のスイングのままでゴルフに取り込んでもらうことが最善の方法です。

しかし、好き好んでスライスボールを打っている訳ではない方や本来はもっと真っすぐ飛ぶボールを打ちたい、飛距離だってもっと伸ばしたい考えているのであれば、泣く泣く今の現状に甘んじてしまうのではなく果敢にニュースイングを取り入れて、ドローボールの習得に励んだ方があなたのゴルフの幅は大きく広がるはずです。

場合によっては、今までまでとは一味違うスイングを手に入れることにつながるかもしれませんし、周囲をアッと驚かせるようなボールが打てるようになるかもしれません。

ドローボールの原理とは?スイング軌道で変化する?それともフェースの動かし方?

ボールにドロー回転をかけるとはどういう事なのか?それを知るには、まずインパクト時のフェースの向きやスイング軌道の違いで打ったボールはどのように変化するのか。この原理を知っておく必要があります。実は、ゴルフスイングにおけるインパクト時のフェースの向きと軌道の組み合わせは全部で9種類のパターンに分類することができます。そして下記は9種類の組合せ(パターン)と弾道の違いをそれぞれ列記したものです。皆さんは、自分の今のスイングはどの組み合わせに分類されるでしょうか?まずはこれを確認してみて下さい。

パターン①

フェースが左を向いた状態でインパクト。スイングの軌道はインサイドアウト

結果→最初は左にボールが飛び出す。その後、さらに左に切れていく。

パターン②

フェースが左を向いた状態でインパクト。スイングの軌道はインサイドイン。

結果→最初は左にボールが飛び出す。軌道は変化せず、そにまま左方向に流れる。

パターン③

フェースが左を向いた状態でインパクト。スイングの軌道はアウトサイドイン

結果→最初は左にボールが飛び出す。放たれたボールはまっすぐ飛んで落ち際でやや右に切れていく。

パターン④

フェース面が真っすぐ飛球線方向を向いてインパクト。スイングの軌道はインサイドアウト。

結果→ボールは最初、真っすぐ飛び出す。落ち際でやや左に切れるように曲がっていく。

パターン⑤


フェース面が真っすぐ飛球線方向を向いてインパクト。 軌道も精度の高いインサイドイン。

結果→伸びのあり強さもあるストレートボール。

パターン⑥


フェース面が真っすぐ飛球線方向を向いてインパクト。 スイング軌道はアウトサイドイン。

結果→ボールは最初、真っすぐ飛び出す。落ち際でやや右に切れるように曲がっていく。

パターン⑦


フェースが右を向いた状態でインパクト。 スイング軌道はアウトサイドイン。

結果→最初は右にボールが飛び出す。その後、やや右に流れるように切れていく。

パターン⑧


フェースが右を向いた状態でインパクト。 スイング軌道はインサイドアウト。

結果→最初は右にボールが飛び出す。 その後、やや左に流れるように切れていく。

パターン⑨


フェースが右を向いた状態でインパクト。 スイング軌道はインサイドイン。

結果→最初から右にボールが飛び出す。軌道はあまり変化しない。そのまま右方向に流れる。

正しいドローボールの原理【解説】

もうすでにお気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、上記の一覧表の通りいわゆる左曲がり球筋のボールというのは、大きく分けて3つあります。

一つ目は、左に打ち出されたボールがさらに左へと飛んでいく、いわゆるパターン①のケースです。これはプル型フックと呼ばれています。

二つ目は、真っすぐ飛び出したボールが、その後左へと曲がっていくパターン④のケースですね。これはひっかけです。

そして、三つ目が右に打ち出されたボールが左に曲がりながら目標と同じ方向に着地するパターン⑦のケースです。これら3つの弾道の内、プロやトップアマがドローボールと呼んでいる弾道は、パターン⑦のみです。これ以外はすべてドローボールの球筋ではありません。 パターン⑦のみが強い球筋で伸びのある飛距離を実現できるドローポールです。

スイング軌道はややインサイドアウト軌道でクラブを振りつつ、インパクト時のフェース面はやや左を向いた状態でヒットします。このやや左を向いた状態のインパクトが強い弾道でなおかつ、ボールをしっかり包み込んで当たるので驚異的な飛距離を実現できるのです。このような打ち方で放たれたドローボールはスイング軌道の入射角を微妙に変化させることで曲がり幅を自由自在にコントロールすることができます。強弾道のドローボールを実現できるのもこの打ち方ならではのメリットです。

まとめ

体調も問題なく、フルスイングしたボールは必ず真っすぐ飛ぶ。 それなのに、打ったボールはいつも落ち際で「右」にフェードアウトするように流れていってしまう。 ごくたまにしっかりボールに当たった感触が手に残ることもあるが、基本はスライスボールばかり。 そんなゴルファーはドローボールの習得によって飛距離を伸ばすことができる可能性があります。 ボールにドロー回転をかけるとはどういう事なのか?それを知るには、まずインパクト時のフェースの向きやスイング軌道の違いで9種類に分けられるスイング軌道のパターンをまずは研究してみる必要があります。 スイング軌道はややインサイドアウト軌道でクラブを振りつつ、インパクト時のフェース面はやや左を向いた状態でヒットします。 プロやトップアマがドローと呼んでいるボールの弾道はこのような原理で放たれたボールのことを言います。 打ち方に悩んでいるという方はぜひ参考にしてみてください。