飛距離を伸ばしたいなら…!ゴルフで前傾維持が大切な理由とは

紹介したように正しい前傾維持ができているとフォームが安定し、常にスイートスポットでボールをたたけます。そのため、おのずと飛距離もアップするでしょう。一度、前傾姿勢についてもう一度チェックをしてみませんか。

正しい前傾姿勢とは

ゴルフのアドレスを取るにあたって前傾姿勢を取ることは大切です。まず、正しい前傾姿勢について紹介しましょう。最初に背筋を伸ばしてクラブを正面に構え、グリップを行います。その後、腕を下ろしますが、この時には胸を張ったまま下ろすのがポイントです。その後前傾姿勢に入りますが、足の付け根を曲げるように前傾します。この時に決して猫背にならないように背筋を伸ばすことが大切です。その後、動きやすいように軽く膝を曲げればアドレスは完成です。アドレスは時が経つうちに乱れていくことがあります。定期的にチェックしましょう。

前傾姿勢が大切な理由

前傾姿勢は、すべてのスポーツにおいて共通に重要なことなのではないでしょうか。野球やサッカー、空手、柔道などにおいても重要視されています。スポーツ全般で前傾姿勢が定着している理由としては、”疲れにくい“、”体への負担が少ない”、”動きやすく力が出しやすい“というメリットがあります。特にゴルフにおいては、体を回転させやすくなり、スムーズなスイングがしやすくなります。スムーズなスイングが行われないと当然ショットに乱れが発生します。前傾姿勢のメリットとしては、”ミスショットが減る”、”方向性と飛距離の安定“、”強くスピンの効いた球が打てる”などのメリットがあります。

前傾姿勢を実現するコツ

前傾姿勢を実現するには、自分よりも重い人をおんぶしているようなイメージを持つと良いでしょう。膝が落ちて状態が前屈みの前傾姿勢を自然に作れます。体を誰かに押されたとしても動かないような、安定した体勢が良い前傾姿勢です。また、ゴルフでの良い前傾姿勢は、足の付け根で体を曲げることです。背筋をピンと伸ばし、猫背にならないように注意することが大切です。このときにはベルトのバックルが下を向くように意識をすると良さそうです。正面を向いているような場合には猫背になっている可能性が高いです。

スイング中に前傾維持することが大切

この前傾姿勢は、スイングの間キープし続けることが大切です。アドレス時にせっかく前傾姿勢を取っていても、テークバックの時やショット後などに体が伸びてしまうようであると、ショットが安定しません。ゴルフクラブの回転軸がぶれてしまうことで、ヘッドの軌道や向きが安定せず、ボールがまっすぐと飛ばなかったり、ダフってしまったり、トップになってしまったりなどいろいろな弊害が出るのです。一度自分のスイングをビデオ撮影するなどして前傾維持できているかどうか、チェックしてみると良いでしょう。