ドライバーとパターは異なる!ゴルフクラブによって使い分けるグリップの握り方まとめ

皆さんはパターを握るとき、どんなグリップで握っていますか?ドライバーやアイアンと同じように、オーバーラッピンググリップで握る方もいれば、ベースボールグリップやインターロッキンググリップで握る方も多いかもしれませんね。体との唯一の接点であるグリップの握り方を変えることによって、あらゆる状況に対応できるようになります。今回はクラブの種類によって使い分けるグリップの握り方をいくつかご紹介します。

クラブの握り方は大きく分けて3種類

アイアンやドライバーのを使う際のクラブの握り方は大きく分けて次の3つの種類があります。

・オーバーラッピング

・インターロッキング

・ベースボール

オーバーラッピングとは左手の人差指と中指の間に小指を乗せて握る方法ですちょうど小指の部分のあたりに何かに当たっていて、それを包み込んでいるようなグリップの握り方をしているのでオーバーラッピングと呼ばれています。

インターロッキングは左手の人差し指と中指の間に小指を絡めてグリップする握り方です。ドライバーやアイアンはオーバーラッピングが基本ですが、手があまり大きくないジュニアゴルファーや女性のの方はゴルフを始めて間もない頃だけ、この握り方でクラブを握ることを勧められることがあります。

ベースボールは両方の手が全く重ならない野球のバットのような握り方です。テンフィンガーとも呼ばれていて、ゴルフ界ではこのグリップでクラブを握る人は少数派でしたが、最近になって若手プロゴルファーの時松隆光選手などの影響もあり、再び脚光を浴びているグリップの握り方です。ベースボールは他の二つのグリップに比べ、手首や手の平に負担がかかりにくいというメリットがあります。

ドライバーやアイアンはオーバーラッピングが基本?

アイアンやドライバーのグリップの握り方は、ベースボールやインターロッキングではなく、オーバーラッピングがベーシックな握り方となります。なぜ、オーバーラッピングがベーシックな握り方かというと、右利きのゴルファーはスイング中に右手に力がかかりすぎてしまうからです。オーバーラッピングでグリップを握ると、右手の力が緩和され、左手と同じくらいの力でバランスよくクラブを振ることが可能となります。

ですから、逆に右手のグリップの力が弱すぎる、力が入りずらいという方はオーバーラッピングよりもインターロッキングのようが、力が入りやすくなります。また、指の長さがそれほど長くなく、手の平が小さい人はインターロッキングで握った方がのクラブをしっかり握ることができます。。

逆ハンドグリップはパターを握る時だけ?

ボールを遠くに飛ばすわけではないパターのグリップはドライバーやアイアンのようにオーバーラッピングで握る必要はありません。はじめはインターロッキングのような握り方でよりリラックスした状態の構えができれば、それでOKです。パターのグリップはいかにしてデリケートなタッチを出していくかが重要なので指先や腕、肩などに余計な力が入らないように握るのがポイントとなります。そういう意味では、逆ハンドグリップという握り方は理にかなったグリップ方法であることは間違いありません。

逆ハンドグリップでパターを握ると、右利きゴルファーであれば、聞き手の右手、左利きであれば左手に余計な力が加わらなくなります。また、聞き手ではない方の手を使ってクラブヘッドをコントロールしなければならなくなるので、テークバックやフォローでヘッドが蛇行することが無くなります。利き手というのは普段、私生活でも大変お世話になっているので器用さが求められる細かい作業を長時間やる場合にはとても役に立ちます。したがって、一瞬の判断でフェースの返しを抑えたり、逆に閉じたりというような動作が必要なドライバーやアイアンを打つ時には利き手は非常に役に立つでしょう。しかし、パターでストロークする場合には利き手じゃない方の手の方が使い物になるというわけですね。

なぜ、パターでストロークするときだけグリップを変える必要があるのか

アイアンやドライバーを打つ時に比べて、パターでストロークするときにだけ握り方を変えなければならない理由は主に2つあります。1つ目は、長いクラブを使う時に必ず使っている右手をパターで同じように使ってしまうと余計な力が加わってしまって良いパフォーマンスを発揮できないということ、2つ目は逆ハンドグリップで握ることによって右手首が使えなくなるので右手首が折れて距離感が合わなくなるというような右手が原因のストロークミスが出なくなるからです。

グリップというのは、自分が握りやすく持ち球や打ちたい弾道なのを基準に常に変化するものですが、一番リラックスできて振りやすくなる握り方がその人に会った最適なグリップであると言えます。なお、手の小さい人と長い人ではグリップというものは多少変化することがあります。例えば、長い人というのはグリップがあまりにも手の平側で握ってしまうと指を内側に納めづらくなってしまうので少しだけ指側にかかるように握った方が違和感なく、クラブを握れるようです。これをフィンガーグリップと言います。逆に指が短めの人はやや手のひら側で握った方がクラブをしっかり握ることができてヘッドの操作性も向上するようです。ちなみにこれをパームグリップといいます。少し余計な話が多くなってしまいましたが、今回はこれで終了です。最後まで読んでいただきありがとうございました。