7番アイアンのスイングでゴルフの基礎を身につけよう!

いきなりですが、皆さんは7番アイアンは得意ですか?コースで7番アイアンを使うことに抵抗がなくなると、他のクラブや自分自身のショット自体にも自信が持てるようになってスコアもどんどん良くなることが実感できます。

ゴルフというスポーツは誰でもどのクラブを打っても全くまともに当たらないという状況だと、おそらく何をやっても面白くはありません。しかし、1本でも自信を持って振れる特異クラブがバックの中に入っているという安心感があれば精神的にも楽ですし、気持ちにゆとりを持ってプレーできます。

初心者はドライバーやフェアウェイウッドなど、特に飛距の出るクラブばかりに目がいってしまいがちで、そういったクラブばかり練習してしまいがちですが、スイング作りとゴルフクラブという道具を使うことに慣れるためには7番アイアンのショット練習の方が上達には早道です。初めはなかなか芯でボールを捕まえるのが難しいので色々と大変なこともあるかもしれませんが、7番アイアンでしっかりと自由な距離を合わせられるようになれれば、ゴルフをプレーするのがもっと楽しくなりますよ。

今回は正しい7番アイアンの打ち方をいくつかご紹介します。自宅や練習場でチェックしながら、ご自身のスイング練習で試してみて下さい。

そもそも、7番アイアンって?

7番アイアンの使い方の説明に入る前、そもそも7番アイアンとはどういったクラブなのか知らない方も多いのではないでしょうか。そういった方々にまずは7番アイアンとはどんなクラブなのかを簡単にご説明します。まず、7番アイアンとは俗に言うミドルアイアンに分類されるクラブです。いわゆる残り距離が100~150ヤード前後の場合に、グリーン又はピンの根本を狙いたい場合などで主に使用するクラブです。

7番アイアンはアイアンクラブなので飛距離が出るドライバーやフェアフェイウッドなどと比べてもヘッドは小さく、インパクトの際にボールを捉える面の大きさはボール2個分~2個半くらいの面積しかありません。また、シャフトの長さもドライバーのそれとは大きく異なり、短めでかつ適正バランスでクラブセットを組んでいるのであれば少し重めのシャフトが差し込んであるはずです。

さらに、7番だけでなく、アイアン全般にも言える話ですが、ドライバーやフェアウェイウッドクラブに比べてもロフトの角度がやや鈍角で打ったボールは直線的というよりも大きな山なりを描いて飛んでいきます。つまり、7番アイアンはロフトの角度だけを見れば、きちんとしっかり適正な打ち込み角度でボールを打つことができれば自然と高く上がってくれるクラブなのです。

しかし、ドライバーやフェアウェイウッドに比べてヘッドの底面(ソール)の面積が小さいためにインパクトの時のボールの最下点が毎回ズレてしまう、いわゆるダフリゴルファーにとっては少し使いこなすのが難しい、むしろ苦手だという方が多いクラブかもしれません。

7番アイアンは14本クラブのなかでもロフト角的にはちょうど中間くらいに位置するクラブです。したがって7番アイアンが上手に使いこなせるようになれば、シャフトの長さの違いに対るする抵抗感というのは徐々になくなっていくことが良そうされます。そういった意味では初心者ほど最初に取り組むべき基本のアイアンであるということが言えるのです。

7番アイアンってどれくらい飛ぶの?

上記はアマチュアゴルファーのアイアンの平均的な飛距離を簡単に表にまとめたものです。Low、Middle、Highというのはそれぞれヘッドスピードのことで色が濃い方が早いゴルファーということになります。

この表を見てもらうと、男性の7番アイアンの平均飛距離はヘッドスピードが遅め「Low」の方だと、飛距離は大体100ヤード前後です。これが「high」の速い人となるとボールは140ヤード前後ほど飛んでいくことになります。

逆に女性の方はどうでしょうか。男性と比べると20~30ヤード位の飛距離の差がありますね。女性の場合、7番アイアンだと飛距離の出る人であれば、キャリーで大体100ヤード前後は飛ばせる方がほとんどのようです。若い方はともかく、そこまでヘッドスピードが速くない年配の方などであれば、80ヤード前後を狙うクラブとして使用しているという方も多いということなのでしょう。

この表を見てお気づきの方も多いかもしれませんが、ヘッドスピードが遅い人は番手を上げるたびに10ヤードずつくらい、飛距離が伸びていきますが、ヘッドスピードが速い人はそうではありません。番手ごとに15~20ヤード前後の違いが出てくるようになるとそれだけ縦の距離感が合わせにくくなるというのがお分かりいただけるのではないでしょうか。いわゆる、飛ばし屋も「楽」ばかりではないということですね。

7番アイアンを打つ時の基本の構え

地面に置いたボールを打って、狙い通りの場所に落とせるようになることが7番アイアンを練習する上では最終目標となります。

ドライバーやフェアウェイウッドなどと比べ、アイアンはシャフトの長さが短いのでその点では割と打ちやすいクラブでしょう。しかし、ウッドクラブよりもソール幅が狭いため、ある程度はヘッドを鋭角かつシャープに入れていかなければ、高くボールは上がってくれませんし、勢いもつきません。

まず、最初に意識すべきはアドレスです。7番アイアンに限った話ではありませんが、目の前に置いたボールを目標方向に対して正確に飛ばしたい時はボールと目標方向とを結ぶライン上に何か目印になるようなものを見つけます。目印は木の枝や落ち葉など何でも構いませんが、ディボット跡など、なるべく大きめの目印を探した方が良いでしょう。

次に目印が決まったら右利きゴルファーであれば右手でクラブを持ち、目印と目標とを結んだラインと平行に両足をスタンスできるようにするために最初にクラブヘッドのフェース面を真っすぐ合わせます。この時、スタンスしながらフェース面の向きが変わってしまう方がいるので気を付けて下さい。

フェース面がずれないようにしっかりと右手で抑えながら①右足②左足の順にスタンスを構えたら、アドレスの6割以上は完成です。あとはじっくり前傾姿勢を整えるだけなのですが、この時にあまりボールに意識を集中させてしまうと両肩の向きが目標よりも右側を向いてアドレスしてしまうことが多いのでなるべく目線は目標方向に向けた状態で左肩が目標よりも右を向けないようにして前傾姿勢を作ります。

アドレスがしっかり決まったた、次はグリップです。7番アイアンはしっかり上からボールを潰すようにダウンブロー軌道で打つべきクラブなので右利きゴルファーであれば、左手のグリップはややフック気味に握った方が上からボールを叩くイメージが出やすいです。フックグリップはクラブを握る左手をなるべく手の甲が上を向けた状態でグリップを握り、真上から見たときに「こぶし」が2個~3個見えるくらいの感じで握れば完成します。また、左手をややフックで握る時は右手はグリップの下側からあてがうように握って下さい。

ここまでできたら、8割以上アドレスは完成ですが最後にボールを置く位置がかなり大事なので覚えておいてください。右利きであれば、アイアン系クラブはなるべく右足側に寄せて打った方が強い弾道で風に負けない高さでボールが飛んでいきます。また、右側にボールを置いた方がダウンブローのイメージが出やすいのでもし、真ん中あたりにボールを置いて打っているという方はいつもより少しだけ、右側にボールを置いて打ってみて下さい。

7番アイアンの基本の打ち方

アドレスとボール位置が大体決まってきたら、実際にボールを打ってみましょう。7番アイアンを打つ時のポイントは大きく分けて4つあります。

まず、1つ目は右手のコッキング、2つ目はハンドファースト、3つ目はダウンブローをイメージした体重移動、そして4つ目は左肩の開きを抑えることです。この4つの注意点のうち、2つか3つくらいは出来ているという方はあまり苦労することはないかもしれませんが、どれもこれも全く身についていないという方はマスターするのに少し時間がかかるかもしれません。そんな方は焦ってもしょうがないので少しずつじっくり時間をかけて1個ずつマスターしていけば良いのです。

最初は1つ目のコッキングからですが、これは出来ている人そうでない人で意見が分かれるのではないでしょうか。例えば、テークバックの際に手が腰の位置から肩の位置にクラブが上がっていく際に、右手首が自然と折れた状態でトップまで上がっている方はコッキングの動きができているという方になります。

あるいは、クラブがちょうど腰のあたりまで来ている段階ですでに右手首が折れており、後はテークバックまでクラブを引き上げるだけというようなタイプのスイングをする方もコッキングができているとみて良いでしょう。つまり、遅かれ早かれ右手首というのは折れ曲がった状態でトップが出来上がるのが正解なのですが、これができてない人がたまに散見されます。もし、コッキングができていない方はすぐに自分のスイングに取り入れるようにしましょう。(ちなみに早めのコックはファストコック、遅めはレイトコックといいます)

コッキングの説明が終わったら、次の 2つ目はハンドファーストです。ハンドファーストとはアドレスやインパクトでロフト角が立つようにシャフトがやや目標方向側に倒れた状態でヒットしていることをそのように呼びます。ゴルフを始めて間もないころというのはアドレスでどうしてもクラブを体の中心、いわゆる「おへそ」のあたりで構えたがる人が多いのですが、この構えでは何度練習してもハンドファースト形でボールを捉えることはできません。もしハンドファーストにボールを捉えたいのであれば、グリップエンドがやや左足側の股関節の付け根くらいのポジションに来るようにシャフトをやや傾けた状態でグリップを握ってアドレスしてください。こうすることでクラブが上から鋭角に入ってくるようになり、ボールが少しずつ高く舞い上がるような球筋になっていきます。

ここまで色々な話をしてきましたが、7番アイアンで高弾道の球を打てるようになるためには、ハンドファーストだけでは少し不十分です。そこで③の体重移動がとても重要になってくるのですが、スムーズな左サイドへの体重移動を実現するにはある程度の訓練が必要になります。当然、そのための訓練法というのはたくさん存在するのですが、今回おすすめしたいのは右足裏のスタンスのちょうど右横腹あたりにボールを置いてそれを踏んだ状態のまま、ボールを打つドリルの実践です。このドリルを実践するとアドレスでは右足の体重は右足裏の外側に流れることがないので、自然とインパクト以降に左足側に体重が乗っていきやすくなります。もし、体重移動が上手くいかないという方は是非試してみて下さい。

ここまできたら、最後はに③ダウンブローに打つための方法をご紹介しましょう。 まず、ダウンブローという言葉の意味についてですが、インパクト時のヘッドが上から下にクラブがボールの真下に向かって斜めに突き刺さるように動く軌道のことをこのように言います。上級者やプロなどは意識せずとも自然とこのダウンブロー軌道で打てているので高弾道かつ適度なスピンがかかりながら、理想的な角度でボールが飛んでいきます。しかし、特に初心者などがイメージを固めただけではこのようなダウンブロー軌道でクラブヘッドを動かすことはできません。

そこで、今回ご紹介した①から③までの動作を完璧にマスターしてください。そのうえで、例えばボールの手前にタオルのようなものを置いてみたり、ボールかごのようなものを軌道の邪魔にならない距離感で右膝の前あたりに置いてみたりしてヘッドがなるべくダウンブロー軌道で入っくるような環境を作ってからボールを打つ練習に取り組んでみて下さい。はじめは無理にヘッドを鋭角に降ろそうとして多少のぎこちなさが出るかもしれませんが、慣れれば自然とダウンブロー軌道でボールを打てるようになるはずです。ちなみにインパクトでヘッドが緩やかな角度で入ってくことをレベルブローまたはアッパースイングなどと呼んだりします。ゴルフ用語のひとつとして覚えておくと良いでしょう。

7番アイアンの精度を上げる方法

7番アイアンでもっと正確なショットが打ちたいという方は以下の練習方法を試してみて下さい。1つ目は「ハーフスイングドリル」です。このドリルは言葉通り、クラブをちょうど腰から腰までの高さで止めてそれ以上は上げないようにしてボールを打つドリルなのですが、このドリルで大切なことは打ったボールが真っすぐ飛んだとか、大きく曲がったとかではなくしっかり体の回転力でボールを打つことができているか、これを確認することにあります。

始めはクラブを多少、短めに握っても構いませんのでアドレスのスタンス幅もみ狭くしてゆっくりとしたリズムでボールを打ってみてください。ただし、この時にグリップエンドの底面が必ず自分の「おへそ」を指したままの状態でテークバックからフォローまでしっかりと腰を回転させながらボールを打っていきます。じっくりとゆっくり目のスイングで最低でも50球くらいは打ってもらいたいところですが、体力的に難しいという方は30球程度でも大丈夫です。慣れてきたら徐々にスイングスピードを上げていって一通りボールを打ち終えたら最後に1球フルショットを試してみて下さい。いつもとは一味違ったインパクトの安心感というものを体験できるはずです。

また、これは初心者の方に多いのですが、7番アイアンを始めて握るという方は今回ご紹介した打ち方をいきなり実践するのはすこしレベルが高すぎるという方もいるでしょう。そんな時はボールをマット上に置いた状態でボールを打ち始めるのではなく、初めは自動ティーアップ機にボールを乗せた状態で打ってみて下さい。ティーアップすることで多少はダフリが見分けられなくなるというデメリットもありますが、一生懸命打ってもまともに当たらず、自信を無くしてしまうくらいなら、気持ちよく振り切っていけるティーアップしたボールを打った方がまだマシです。

ただし、ただ闇雲にボールを打っただけではその後のレベルアップにはつながっていきませんのでティーアップしたボールを打つ時はインパクトで右肩が下がる、もしくは左肩が急激に上がった状態でボールを打たないこと、これだけはきちんと実践しながらボールを打つように心がけて下さい。左右の肩が上下に動いてしまうとアッパーブローのスイングが身についてしまう原因となります。今後アイアンショットが上手になりたいのであれば、そこだけはチェックしながらボールを打った方が今後のゴルフ上達につながります。では今回はこのあたりで解説を終了させていただきます。最後までご一読くださいましてありがとうございました。