アドレスを安定させたい!つま先下がりの打ち方のコツって?

つま先下がりのショットがうまく打てるようになれば、少しぐらいドライバーでミスショットをしても、スコアはまとまってきます。 つま先下がりのショットをマスターすることが、ゴルフ上達への近道です。

一番むずかしいつま先下がり

ゴルフ初心者にとって一番むずかしいのが、つま先下がりのライからのショットです。

アドレスの際に地面に対して垂直に立つことができないため、スイングする際にバランスを崩してしまいがちです。

アドレスをしっかり決めても、スイング中に体が起きてしまうとクラブがゴルフボールに届かなくなってトップします。逆に足よりも低い位置にあるボールを意識しすぎて、できるだけ低い位置を打とうとしてダフってしまいます。

つま先下がりのショットがうまく打てるようになると、どんなライからもうまく打てるようになります。

つま先下がりのアドレスのポイント

つま先下がりでは、水平なライで打つ時よりもゴルフボールが体から離れてしまうので、いつもよりボールに少し近い位置にスタンスをとります。

スイング中にバランスを崩さないように、かかとに体重を載せるイメージで広めのスタンスです。そのために、いつもよりヒザを深く曲げて、前傾姿勢の角度も深くします。

不安定な場所で、前のめりの姿勢なので、下半身をどっしりと安定することが大切です。

アドレスが決まったら、ボールを打つ前に何度か素振りをして、バランスが崩れないかをチェックしましょう。

つま先下がりのスイングのポイント

つま先下がりのショットで大切なのは、とにかくコンパクトなスイングを心がけることです。

トップもフィニッシュも肩の位置で止めるぐらいのイメージで、スリークォーター程度のスイングを心がけると大きくバランスをくずすことはありません。

遠くへ飛ばすよりも、ボールに正確に当てることを意識してください。

ライの悪いところから打つ時は、無理をしないことが大切です。アドレスの姿勢を崩さずに、コンパクトに振ることを心がけましょう。

つま先下がりの傾斜がきつい時には、ゴルフボールの位置が体からさらに遠くなりますので、一番手大きいクラブを選ぶのがおすすめです。

つま先下がりで正確な位置に落とすためのコツ

つま先下がりのライからボールを打つと、どうしてもスライス気味になってボールが右に出てしまいます。

ボールが足よりも低い位置にあるため、クラブのフェイス面が右に向いてしまいますし、広いスタンスで手打ち気味のショットになってしまうため、どうしてもボールが右に出てしまうのです。そのため、実際の位置よりもやや左に仮想の目標を決めて打つのがポイントです。

稀につま先下がりから打ってもフックボールになる人がいますが、ボールを無理に上げようとして、クラブをインサイドからシャクリ上げている可能性があります。無理に上げようとせず、コンパクトなスイングを心がけましょう。