ゴルフはアドレスで全て決まる!方向性を安定させるトレーニングってなに?

皆さんはアドレスを決めるとき、どんな事を意識して練習していますか?ボールが飛んでいく方向はアドレスで8割以上が決まると言われており、それをおざなりなままにしていると、いくら練習してもボールは思う方向に飛んでくれません。特に、初心者の場合は、最初に、しっかりした正しいアドレスを身につけておくと後々安心です。

アドレスの基本ポジション

ゴルフにおいて、目標に向かって思い通りのボールを打っていくためには、何よりもアドレスが重要です。アドレスが悪いとスイングは安定せず、ボールの方向性も定まりません。

また、ボールを大きく曲げてしまった時など、なぜ自分が打ったボールが曲がってしまったのかを見直す際に、アドレスが毎回、変わってしまうようだとその原因が特定できなくなっしまいます。では、どんな方法を使えば、毎回決まった方向に向かった方向にスタンスをとることができる様になるのか?以下ではそれらを説明していきす。

まず、アドレスの基本を説明すると、アドレス時の両足の間隔は肩幅程度に構え、両足を結んだラインとボールから目標地点に向かって伸びるライン(いわゆるターゲットライン)は平行になるよう、クラブを構えます。また、ボールの位置は短いクラブで構える時は、両足のちょうど真ん中に置き、番手が大きくなるに従って、徐々に左足側に寄せていきます。最も長いクラブであるドライバーを構える時は、ボール位置が左足の内側ライン上になるようセットしましょう。

アドレスの基本姿勢と練習方法

アドレスのポジションをしっかり取った後は、姿勢を整えます。上半身をくの字に曲げ、お尻を軽く後ろに突き出します。そして、この状態をキープしたまま膝を軽く折って重心を低くします。これが、ゴルフにおけるアドレスの基本姿勢です。この姿勢が自然にできるようになると、ボールの方向性も安定して、迷わずにクラブを振り抜けます。

姿勢が安定しない時は、家の壁を利用した練習方法がおすすめです。練習方法は以下の通りですので、是非一度、自宅にて試してみることをオススメします。

(姿勢を整える練習方法)

壁から10センチほど離れ、背を向けて立ちます。背筋を伸ばしたまま上半身を倒し、壁にお尻が当たればストップします。そのまま膝を折り、両手をだらりと降ろせばそれで基本姿勢のできあがりです。時間の合間に、壁を使ってポーズを取り、体で覚えてしまいましょう。

ボールの方向性を左右する肩の位置

ボールは、アドレスに対して忠実に飛んでいきます。したがって、ボールがまっすぐ飛ばない場合は、必ずもう一度アドレスを見直す「クセ」を身に付けましょう。初心者が特に陥りやすいのは、アドレスした時に肩の位置上下に動いたり、左右に向いてしまった状態でボールを打ってしまうミスです。

アドレスの時、右肩はやや下がるのが正常ですが、下がりすぎると、今度は肩が前に出るようになってしまいます。また、左肩の開きが早すぎると、体が左を向いてしまい、ボールはスライスしていきます。右肩が下がるのは、アドレスの時に効き腕に力を入れ過ぎているのが原因である場合があります。ゴルフスイングは右手はなるべく、添えるだけにして左手中心に腕を動かしていくのが正解です。力を抜いて、正しい姿勢を保てるように心掛けましょう。

体重のかけ方とグリップエンドの位置

正しいアドレスを身に付けるためには、見た目の姿勢だけではなく、体重のかけ方も重要です。初心者の方の場合、体重がかかと側にかかりがちですが、かかと側に体重がかかっている状態でのスイングはとても、不安定です。アドレス時の体重は、かかとでもつま先でもなく、母指球の辺りに持っていくよう努力しましょう。(母指球とは、足の親指と人指し指の付け根よりやや後方の辺りを指します。)

その他、正しいアドレスを作るためには、クラブを握った際のグリップエンドの位置を意識して構えることが大切です。グリップエンドの先は、常に左股関節を指している状態で毎回、アドレスを構えられるよう、練習を繰り返しましょう。