知っておきたい!ゴルフのアドレスとは?

ゴルフのショットにおいて最も大切な構えかたの事をアドレスと呼びます。このアドレスの姿勢が上手に取れているか否かによって初心者からのレベルアップをする事ができます。

まず基本となる足の置き場所を決める

アドレスを固めるためには、足をどのように置くかが最も大切です。身体の重心がぐらつかないようにするために、足は肩幅の広さに開き、身体に対して丁度目の前の位置にボールを置くようにすると良いでしょう。左足を動かさずに、右足の位置を微調整することによって最も適切なアドレスを固める事が重要です。

右足の微調整の方法としては、飛距離を長めに取らなければならない場合には右足を外側に置くといった調整方法を取ると上手にバランスを取る事が出来るようになり、重心も安定させる事ができます。

ボールの前に直角の位置に立とう

ボールに対する構えであるアドレスを作る時にスイングの瞬間にボールが身体の直角方向に向いているように立つことがポイントです。ボールの前に立った時にゴルフクラブを目の前に突き出し、その時にボールがゴルフクラブに触れる位置が理想のボール位置です。

正しい位置にボールを置く事ができたら、腰をやや後ろに反り、前に傾斜した体制を作る事によりスイングがしやすい姿勢を作る事が出来るのです。ゴルフクラブを振り始める段階からボールがクラブに当たる瞬間まで、重心の移動をスムーズに行う事も重要です。

前傾姿勢をキープしたアドレスを意識しよう

スイングの時に身体がぶれないようにするためには、正しい姿勢を保つ事が重要です。ショットの動きの中でバランスを正しく保つためには、常に前傾した姿勢をキープする事が大切だと言えます。前傾姿勢のままだと身体が前に倒れてしまいますので、その分は膝を軽く曲げる事によって微調整を行う事が大切だと言えるでしょう。

このようにして、じっとしていても楽に構えている事の出来る姿勢を取る事によって、力の入り過ぎないスイングを行う事が可能になり、バランスの取れた腕の使い方をする事ができるようになります。

腰に負担のかからないアドレスを覚えよう

ゴルフを長く続ける場合、あまり打ち続けてしまうと腰に負担がかかってしまいます。それを防ぐためには、アドレスの方法を工夫する必要があるのです。スタンスの幅を狭くすることによって、右足からの体重移動がスムーズになり、腰に体重がかからなくなります。

また、アドレスの時にあえて左足を開いた状態でスイングを行う事により、クラブがスクエアに入るために、ストレートボールを簡単に打つことが出来るようになるのです。アドレスの際の足の置き方一つでさまざまな種類の打球を習得する事ができるようになります。