ゴルフのしゃくり(あおり)打ちの原因と2つの直し方

ボールが高く上がり過ぎてしまった時など「あおり打ち」気味でボールを打っている、なんて指摘受けたことありませんか?一般的に打ったボールが高く上がりすぎてしまう現象はすくい打ち、あおり打ちなどと呼ばれ、飛距離ロスの原因にもなりえます。上級者の間ではヘッドが下から上へと通過するスイングはキャスティングという悪い動きであるとされ敬遠している方も多いんだとか。こういった打ち方は一歩間違えるとトップやスライスが出やすいスイングでもあります。今回はあおり打ちの原因や修正方法について解説します。

しゃくり打ちの原因~アドレス

インパクトからフォローまでの動きで振り上げようとしているわけではないのにあおり打ちになっている!すくおうとしていないのにすくい打ちになっている!なんて言われたら心の中では上げようと思ってないよ!すくおうと思ってないよ!と言いたくなってしまいますよね。TVや雑誌などのゴルフ講座などでも初心者はボールを上げようとして・・・なんて言われることがありますが、本当は誰も上げようとういう意識で振っている人はいないんですね。

では、なぜしゃくり打ち、またはすくい打ちといった状態になってしまうのか。

一番の原因はアドレスにあります。ゴルフはアドレスに始まってアドレスに終わると言われるほどアドレスが多くの鍵を握っているスポーツです。たかが構え方で何が変わるだろうと思う方も多いかもしれませんが、実際には構え方しだいでどんな球筋のボールを打っていくのか。それを上手にコントロールすることは可能です。したがって、しゃくり打ちやすくい打ちでクラブを振るクセがあるという場合は、まずはアドレスから見直してみることが大切です。

しゃくり打ち気味の人というのはフォロースルーでクラブが自分が思っている以上にクラブを上手に振り切れていません。なぜ振り切れないかというと通り道がないから。理由はこの一言につきます。ボールと体との距離というのは近づけば近づくほど懐が狭くなっていくのでクラブを両手でコントロールするのが難しくなってしまいます。

逆にボールと体との距離が離れれば、離れるほど手元の懐は広くなっていくので特にインパクト時など実際に体がダイナミックに上下運動する瞬間に手元をしっかりフォローで振り抜けるようになるのです。

練習場ではクラブが抜ける場所が無くなくなり、仕方なく上にクラブをかちあげるように抜いている「あおり打ちゴルファー」多くお見かけします。そんな人のほとんどがアドレスはで体がボールに近づき過ぎてしまっています。一生懸命打っているつもりなのにプロ野球のセンター返しのような球しか出ない。またはトップや当り損ないの低いスライスといったボールがよく出るという右利きゴルファーは要注意です。完全にインパクトで体の動きにブレーキが掛かってしまっている可能性があります。もし自分にも当てはまるかもしれないと思った方はまずはアドレスから見直してみましょう。

しゃくり打ちの原因~グリップ

あおり打ちやしゃくり打ちが酷いという場合、その原因をアドレスに求めることができたように、同様にその原因をグリップに求めることもできます。

アドレス同様に、ゴルフの出発点となるのがグリップですから、ここをおざなりにしてしまうのはあまり良いことではありません。特に上級者になればなるほど構えやグリップなど基本的な動作でミスが起こらないように気を使うものです。

今回のケースで言うと、あおり打ちやしゃくり打ちでボールを打っている人の多くは右手よりも左手が使いやすくなるフックグリップでクラブを握っていることがほとんどです。フックグリップは左手の力を抑え、なるべく左手に力を入れたい場合に選択する握り方です。したがって右利きゴルファーが右手主導でスイングするという目的で多少なりとも左手をやや被せ気味に握り右手を横からあてがうように握るのは正しい選択でしょう。

しかし、左手のフックグリップが強くなり過ぎると右利きゴルファーであれば今度は右手をそれに見合うだけ、グリップの下側から持ち上げるように握らなくてはならなくなります。そうなるとインパクトではその右手を被せなくてはフェースは真っ直ぐ向かなくなってしまうのでクラブの通り道が結果的に下から上へと振り上げるような軌道になってしまう訳です。

左手のグリップが強すぎる人はインパクトで右手を被せるようにクラブを振らなくてはならない。そうなるとアッパーブロー軌道になりやすいので上から下に振り下ろすように振るのが苦手になる。つまりは「しゃくり打ち」しやすい軌道でクラブを振っているということになるのです。

あおり打ち、しゃくり打ちの人だけに関わらず、アマチュアゴルファーというのは大半の人が正しいグリップを身に付けられてられていないのが現状です。特に日本では、書籍などでもグリップを重視して教えているものが少なく、比較的軽視されやすい傾向にあります。

アドレスと違ってグリップというのは一度クセがついてしまうと修正が難しくなってしまいます。そういった間違ったグリップを反復練習で理想的なグリップに変えていくのはとてもしんどいことです。気付かれた方は早めに理想的なグリップの習得を目指されることをおすすめします。

なお、理想的なスクエアグリップは左手をグリップした時に手袋の「バックル」が少し見えるくらい握り、右手は横からそっとあてがうように握ることで完成します。この状態を基準に左手をさらに被せるのが良いのか、それともそこまで被せない方が合っているのかという感じで作っていければ自分の理想のグリップが必ず見つかるはずです。逆に右手は下から持ち上げるように握るのではなく、被せずに真横からそっとあてがうように握ることが大切です。

ダウンスイングで右肩が下がらないための打ち方

最後にアドレスも見直してグリップも問題なかった人へアドバイス。上記どちらの方法も試したのにあおり打ちが治らなかったという方は最後に右利きであれば「右肩」、左利きであれば「左肩」のポジションがスイング中にどのような動きをしているか。それを再度チェックしてみることをおすすめします。

あおり打ちになってしまうという方はアドレスで目線が上を向いてしまったり、ボールを下から覗き込むように見ながら構えるなど、通常の人よりもダウンスイングでどうしても右肩が下が過ぎるという人が多く見受けられます。

そんな時は少しレベルの高い話にはなりますが、野球のバットで高いティーの上にボールを乗せた状態のボールを打つ姿をイメージしてみてください。そのような位置にあるボールというのは完全に横ぶりをしなれればボールはバットに当りませんよね。ところが、ゴルフのボールを打つ時というは地面にあるボールを打たなければならないので背骨の角度がやや丸まった感じ、いわゆる前傾した状態で打っていかねくてはならない訳です。しかし、初心者はここで大きな間違いを起こしてしまいます。

ここで気をつけなければならないことは前傾しているからといって両肩を上下に動かすようにスイングしてはいけないということです。体の構造上、その状態から目の前にあるボールをクラブで打つためには真っ直ぐ上げて真っ直ぐ下ろしてくるという打ち方はできません。ゴルフスイングというのは肩を左右にくるっと回転させるように動かし、目の前のクラブは自分を中心に半円を描くように丸く動かすのが正しいゴルフスイングの動きとなります。

人のスイングを真後ろからみるとダウンスイングで右からが大きく下がっているように見えることがありますが前傾した背骨の角度に対して平行に両肩が回っていればこれは、右肩が下がるクセがあるスイングではありません。

スイングというものは前傾した状態で地面にあるボールを打っているのですから、少しぐらいダウンスイングで右肩が下がって来るのは問題有りません。かの有名なタイガーウッズでさえもダウンスイングで右肩が下がるクセはあります。ただ、これも程度の問題であまりにも下がりすぎてしまうとあおり打ちにつながってしまう可能性は十分にあります。

また、右肩と同様に体重移動がうまくいかない方、具体的にはダウンスイングで目標方向側の足に体重がスムーズに乗っていかない方はどうしてもクラブを振り抜くスペースな失われしまうので結果的にアッパー気味のスイング、つまりはあおり打ちというかは明治の大砲のようなスイングになってしまう人がいます。

しゃくり打ちでクラブを振る傾向がある人は、右利きであれば右サイドから左サイドへの体重移動、左利きあれば左サイドから右サイドへの体重移動がスムーズにいっているかどうか、もう一度見直してみましょう。目標方向の足に体重が乗ってくるようになるとそれだけでクラブの軌道は上から下へと降りてきやすくなります。実践する価値は十分にあるのでぜひトライしてみて下さい。