アプローチショットでバックスピンをかける4つのポイント

アプローチショットでバックスピンをかけて、カッコ良くグリーンオンしたいと思う人もいるのでは?今回は、アプローチショットでボールに強いバックスピンをかけるために気をつけたいポイントをまとめました。

使うクラブはサンドウェッジ

グリーン周りのアプローチショットで、ボールにバックスピンをかけられれば、打ち出したボールを狙ったところで止められます。

アプローチショットでサンドウェッジを使うと、ボールに強いバックスピンをかかります。サンドウェッジはロフトが大きく、クラブヘッドがボールを捉えるだけで、自然にボールにスピンがかかります。

サンドウェッジ以外のゴルフクラブでは、ロフトが大きく、バウンス角が小さいロブウェッジでも、ボールにスピンをかけやすいです。

ボールは右足前にセット

ボールにバックスピンをかけるには、ダウンブローでボールを打つ必要があります。アドレス時ボールを右足前にセットすることで、スイングの最下点に達する前にボールを捉えられ、ダウンブローに打ちやすいです。

ボールの位置が左足に近いほど、ボールは上がり飛距離が出やすく、右足に近いほどボールは低く飛び出しバックスピンがかかります。

ハンドファーストを心がける

ハンドファーストに構え打つことで、ボールをダウンブローに打ち強いバックスピンをかけられます。ハンドファーストとは、ボールより前に手元が来ることを指し、上から下に打ち込むダウンブローに適した構え方です。

また構えた時、バウンスの効果をなくすため、サンドウェッジのバウンスを地面から浮かせます。バウンスは大きいほど、クラブヘッドが地面に刺さらず、ミスショットが減りますが、フェースでボールを捉え難くなります。

ハンドファーストについてはこちらの記事も参考にしてみてはいかがでしょうか?

フォロースルーは低めに

ボールを低く打ちだすために、ボールを打ち抜いた後のフォロースルーは低めに出します。ボールを高く上げグリーン上に落ちて戻るショートアイアンのショットとは異なり、バックスピンをかけるアプローチショットは、狙った場所に打ちこみ止めるため、低く打ち出します。

バックスピンのかかったアプローチショットは、ミスしたときのダメージが大きく難易度が高いショットですが、上手くいくとカッコ良いです。今回の記事を参考に、バックスピンのかかったアプローチショットを身につけて、カッコ良くグリーンオンしてみては?