初心者必見!ゴルフのアームローテーションの練習方法とコツ

ゴルフは両腕の使い方がとても重要なスポーツです。両腕を上手に使えれば余計な力を使わずともボールを簡単により遠くへ飛ばすことができます。今回はゴルフのアームローテーションのコツと練習方法をまとめました。

アームローテーションってなに?

アームローテーションとは両腕をひねることで起きるフェース(クラブヘッドの面)が開閉する動きと、手首をひねるリストターンの動きを同調させて打つスイングの一連の動作を主に指す言葉です。

似たような動きとしてトップでクラブの面であるフェースが開き、インパクトで閉じるスイング動作があります。しかし、こちらはアームローテーションではなく、主に「フェースローテーション」などと呼ばれています。

両腕を回旋させる動きを上手にスイングに取り込むことでヘッドスピードが上がり、楽な力でボールにより強い力を伝えるられるようになります。アームローテーションを生かすスイングはボールがつかまりやすいスイングでもあります。ボールが右方向へ飛ぶスライスが修正したい。少しでも飛距離が伸ばしたいという方は絶対にアームローテーションを取り入れるべきです。

ボディローテーションとの違い

アームローテーションとボディーローテーションはどちらもスイング中にフェース面を回旋させるという意味では全く同じですが、腕を主体にするか体全体を主体にするかという点では決定的な違いがあります。

どちらの動きが自分のスイングに合っているかは試してみなければ分かりませんが、手先が器用な人はアームローテーションが向いています。

もし、アームローテーション試したい時はグリップはローテーションしやすいスクエアグリップで握るのがおすすめです。スクエアグリップは左手の甲がボールの目標地点を向くように握り、右手は親指と人差し指の間のV字が右肩をさすように握るグリップのことです。

アームローテーションは手先ではなく肘から下をローテーションさせることが重要なスイング動作です。この時、腕全体を意識すると右肩が前に出てしまい、正しいタイミングで腕をローテーションさせることができません。

スイング中はなるべく、両脇が開かないようにスイングして両腕の回旋量が適正になるようにフェースの向きに注意して上手にクラブベッドをコントロールしながらスイングすることを心掛けましょう。

アームローテーションの練習方法

アームローテーションの動きを練習する際は両足を閉じて打つ練習が効果的です。この練習を繰り返すことで下半身の動きが制限され、体が開いて右肩が出る動きを抑制することができます。

このドリルはフォローで肘をたたみ、クラブが立つ動きを確認できるというスイングチェック上のダブルメリットもあります。

アームローテーションは過剰に意識し過ぎるとフェースを開く動きが入り、スイング軌道が不安定になってしまいがちです。もし、力が入り過ぎていると感じた時はタオルを使ったドリルも効果的です。少し長めのタオルを用意し、先端を丸めて重りを作り、重りと反対側をグリップして行ったり来たりの素振りを繰り返します。この時、背中にタオルが当たるのを確認しながら、素振りができるようになるとアームローテーションにどのような動きが必要となるのかを実感することができるでしょう。自宅の寝室や書斎など落ち着いた環境でなるべくリラックス気味にスイングしましょう。

アームローテーションを上手に使えるようになることで飛距離を大きく伸びる可能性もありますし、ボールの曲がり幅もずっと小さくなります。是非一度、練習場で試してみて下さい!