初心者必見!ゴルフのダウンスイングの4つのコツ

ゴルフのダウンスイングを正しくすることで、飛距離を伸ばす、ボールに方向性を持たせることができます。今回はゴルフのスコアアップに欠かせないダウンスイングのコツを4つまとめました。

腕を振り下ろす意識を強くしない

腕を振り下ろすイメージでダウンスイングをすることは悪いことではありません。ただし、腕を振り下ろす感覚からのダウンスイングの始動は、体と腕の一体感が出にくいです。腕を振り下ろす意識を強く持ちすぎてしまうと、左への体重移動が遅れがちになり、右足に体重が残りやすくなってしまいます。そのため、飛距離が落ちるミスショットのダフリの原因になってしまいます。

体の一体感を出せるように腕全体を振り下ろすイメージでダウンスイングすることによって、クラブの芯であるスウィートスポットでボールを捉えることができます。

左腕を反時計周りに回転させる

ダウンスイングでは、ボールを当てる瞬間であるインパクトに向けて左腕を反時計周りに回転させると、上手くダウンスイングをすることができます。ただ、回転させることに意識しすぎると、上半身や腕、クラブを最初に動かすと、バックスイングが安定しなくなってしまいます。

上半身を動かすのではなく、上体をキープしたまま、左腰をグッと左方向へ突き出すように動かします。動かすことによって、下半身を使ったダウンスイングになるため、自然と左腕が回転したダウンスイングとなります。

横移動を身につける

ゴルフのスイングでは、トップオブスイングの時点で左足が地面を叩いているのが、正しいスイングです。左足で地面を叩くには、右側に完全に体重移動をしている必要があります。そのためには、ダウンスイングと同時にボールを打つ目標地点に向かって重心を横移動していなければなりません。

ゴルフクラブを持ち、ボールの15cm程度後ろでスタンスを狭く取り、しっかりとバックスイングします。左に体を傾けて目標地点に左足を踏み出し、ダウンスイングをします。体が名に移動すると、左側に重心が移動するのを感じることができるので、練習をして感覚を身につけましょう。

ダウンスイングの開始のタイミングに注目

キレイなダウンスイングをするために、開始するタイミングを安定させましょう。ダウンスイングで最初に動くのは下半身です。左足の踏み込みからスタートして、左ヒザが左に動き、腰が少しだけ左に平行に移動した後に、体が回転し始めます。その後胸、方が左に回転してフォローへ向かいます。腕やクラブを先に動かさないように注意しましょう。ダウンスイングは下半身からスタートするということを意識しながらクラブを振り下ろしましょう。

今回紹介した4つのコツを確認して、丁寧なダウンスイングを心がけましょう!