初心者必見!ゴルフの4スタンスチェック方法

皆さんはゴルフに「4スタンス理論」というものがあることをご存知でしょうか?もちろん既にご存知の方もいるでしょうが、初めて聞いたという方も多いのではないでしょうか?4スタンス理論に基づくタイプを知ることで、自分に合うスイング、目指すべきスイングの方向性や特徴などをざっくりつかめるようになるでしょう。今回は4スタンス理論とそのチェック方法についてまとめました。

「4スタンス理論」とは?

ゴルフ上達のキーワードの1つに「4スタンス理論」があります。4スタンス理論とは、人間の体を骨格や筋肉の使い方という観点からタイプ別に4つに分け、それらのタイプごとに最適な体の動かし方や使い方をすることでパフォーマンスを高められるという理論です。

4スタンス理論では「つま先重心」「かかと重心」「内側重心」「外側重心」の4つの特徴を組み合わせて、人の体を以下の4タイプに分類します。

A1タイプ「つま先重心×内側重心」

A2タイプ「つま先重心×外側重心」

B1タイプ「かかと重心×内側重心」

B2タイプ「かかと重心×外側重心」

自分のタイプを知るとどんなメリットがある?

4スタンス理論における自分のタイプを知ることで、自分に合ったゴルフ理論や真似すべきプロゴルファーが判別できます。自分と同じタイプのプロが教える理論やスイングを参考にすることで、飛躍的なスコアアップを狙えます。

A1タイプなら石川遼選手、A2タイプならタイガー・ウッズ選手が有名で、同じタイプの人は彼らのスイングを参考にすると上達が早いです。またB1タイプなら有村知恵選手のスイング、B2タイプならあーニー・エルス選手のスイングが参考になります。

4スタンスのチェック方法①

自分がつま先タイプかかかとタイプかを判断するには、以下の方法が効果的です。

・上半身を捻った際の体全体のバランスを見る

両腕を平行の高さに広げ、角度をキープしたまま上半身を捻ります。次に姿勢を戻して、両腕を45度下の高さに広げ、角度をキープしたまま上半身を捻ります。両腕を平行にしたときの方がバランスがとれた人はつま先タイプで、45度下に広げたときの方がバランスがとれた人はかかとタイプです。

・缶コーヒーの飲み方から見る

顔と首を固定した状態で缶コーヒーを飲みます。その際、腕を動かさずに手首を動かして中身を飲む人はつま先タイプで、手首を動かさず腕を上下させて飲む人はかかとタイプになります。

4スタンスのチェック方法②

自分が内側タイプか外側タイプか判断するには、以下の方法が効果的です。

・両腕を回したときの回し方で判断する

両腕を伸ばし回した時、内回し(前回し)が回しやすかった人は内側重心です。逆に、外回し(後ろ回し)が回しやすかった人は外側重心です。

・グラスの持ち方で判断する

水の入ったグラスを持つ際に、親指と人差し指と中指で持つ人は内側重心です。親指と薬指と中指で持つ人は外側重心です。

4スタンス理論は身体理論であり、ゴルフに限らず野球やテニスなど他のスポーツでも参考にできます。たとえば、野球選手のイチロー選手はA1タイプで、松井秀喜選手はB2タイプです。自分のタイプを知って、ゴルフの上達を実感してみてはいかがでしょうか?