初心者必見!ゴルフの30~50ヤードからのアプローチショット4つのコツ

グリーン周辺からホールを狙って打つショットをアプローチショットと呼び30~50ヤードからのアプローチショットという場合には、より長い距離を狙ってフルスイングするのとは違い距離感を掴むのが難しいのですが、アプローチショットが上達することで平均スコアが4打や5打減る可能性が高くなります。

アプローチショットの基本

グリーン周りからホールを狙うことから100ヤード未満となることがほとんどのアプローチショットでは、まずそのコツを覚えるためにグリップの握り方が重要になります。グリップの握り方は通常のショットと変わらないのですが、例えば30ヤードのアプローチショットであれば両手がグリップの真ん中辺りに来るぐらいで、短めに握りましょう。短く握るとボールを芯で捉えることが出来る様になります。

まずはボールの芯を捉える感覚を身につけることで振り幅やヒットが一定になるとある程度毎回同じ所のボールが集まる様になります。

アプローチショットの距離感の掴み方

スコアを縮めるためにはアプローチショットを極めるといいと言われるほどアプローチショットはスコアに関係する重要な要素となるため、アプローチショットにはとにかく練習が必要になります。

30~50ヤードからのアプローチショットの距離感を身につけるには自分の基準の距離を持つことが重要です。

まずは体重移動もしないで体を固定した状態で左肩の動きだけでクラブを動かしてスイングしましょう。イメージとしては箒ではく様に振るだけです。この状態で飛んだ距離を自分の基準にします。自分の基準よりも長い場合には少しづつコックを入れて調整し、短い場合には振り幅で調整することで、アプローチショットで距離感を出すことが出来る様になります。

自分の基準を知るのも、調整をして距離感を出して行くのもとことん練習をするのが何よりも大切です。

アプローチショットでダフらないための手の使い方

ボールの手前の地面を叩いてしまうことをダフると言い、よくダフるプレイヤーのことをダッファーなんて言ったりもしますが、このダフリはアプローチショットでも意外と多いミスになります。アプローチショットでダフることでグリーン周りで何打も叩いて苦労したり、時にはトップをしてグリーンをオーバーしてしまったりと、全くコントロールが効かなくなりますね。

なぜアプローチショットでダフってしまうのでしょうか?

実は左手の使い方に問題がある場合が多いのです。アプローチショットでダフリが続く人の多くは左手の甲が空を向くようにバックスイングしていることが多く、アプローチショットでダフリをなくすためには左手の甲が地面を向くようにバックスイングしなければなりません。

ゴルフを始めたばかりのころは大きなスイングの練習ばかりをしがちですが、小さなスイング、つまりアプローチショットの練習をすることで結果的にはフルショットの精度も上がり大きなスイングにも効果があります。

距離感を正確に出すには左肘の使い方に注目

インパクト直後に左肘を曲げることでヘッドの走りを抑えることができ、距離を安定させることが出来るのですが、ゴルフを始めたばかりの頃は左肘は絶対に曲げてはいけないと言われます。実は左肘を曲げるのはフルショットの時だけで、アプローチも場合はアドレスかたバックスイングまで曲げることはせずにその後もインパクトまで曲げません。

ですがインパクト後のフォローで僅かに曲げることによってグリーンでボールが止まりやすくなります。アプローチショットで左肘を曲げるのはフォローに入った時と体に覚えさせましょう。難易度の高い技術ですが、これによってボールがフェード回転になるのでトップすることもなくなるのです。