初心者必見!ゴルフのドライバーでのアドレス4つのコツ

ドライバーのアドレスは、アイアンと異なり同じように構えてしまうと、ボールを狙った方向へ飛ばしにくくなります。今回はゴルフのドライバーのアドレス時に意識したいことを4つまとめました。

グリップエンドと距離を保つ

ドライバーのアドレスの際は、グリップエンド(グリップの端)と体の距離を保ってアドレスしましょう。グリップエンドと体の距離は拳2個分程度が適当です。拳1個分だけ距離を保つと、両手が肩の真下よりも体に近づきまる。バックスイング時にクラブが体の外側に上がるため、カット打ちになりやすいです。

グリップエンドの位置は、体と拳2個分程度の距離を開けた後、両手が肩の真下か、それよりも体から遠い位置になるよう構えましょう。

ボールの位置は左寄り

ドライバーのアドレス時は、ボールの位置を意識しましょう。体の正面にヘッドを降ろした場所がボールの基本の位置です。ドライバーの場合、そこからボールの位置をボール1個分左へずらした部分です。

ドライバーはアイアンと異なり、ヘッドの最下点でボールを打ちます。そのため、ボールを左寄りにすることで、アッパブローにスイング軌道になり、ドライバーに適したスイング軌道でボールを打てます。左足かかとの線上を意識して、ボールの位置を決めましょう。

体重配分に注目

ドライバーのアドレス時の体重配分は、普通に構えた状態で、やや右寄りに体重を乗せましょう。左足に体重を多く乗せてしまった場合、ダウンスイングからフォロースルーにかけて右足体重になりやすく、上から下へ振り下ろすダウンブローのスイング軌道になりがちです。ダウンブローはドライバーに適したスイング軌道ではありません。

両足のつま先は体の軸を安定させるために、やや開いて構えるのがポイントです。右足に体重を乗せすぎた場合、スイングの軸が右に傾いてしまい、すくい打ちの原因になるので注意しましょう。

グリップ位置は左足内股の付け根

ドライバーのアドレス時のグリップの位置は、左足内股の付け根に来るよう意識しましょう。左足内股の付け根で構えることで、ドライバーのスイング時に適さない手元の位置である、ハンドファーストを避けられます。右手でクラブを持って、クラブヘッドの底の部分であるソールを自然に構えます。その位置で左手でクラブを握り、再度右手を添えるようにグリップを作ることで、左足内股の付け根で構えられます。

ドライバーのアドレスを正しく行うことで、スイングの軌道が安定します。今回紹介したポイントを確認して、ティーショットを成功させましょう!