初心者必見!ゴルフボールを捕まえる2つの打ち方

インパクト時にフェースに乗ったボールを長く押し込めることを「ボールを捕まえる」といい、ボールを捕まえられると飛距離が伸びます。今回はボールを捕まえるスイングのポイントをまとめました。

「ボールを捕まえる」とはどういうことか?

「ボールを捕まえる」とは、インパクト(ボールとクラブヘッドが当たる瞬間)時にボールを長くフェース(クラブヘッドのボールに当たる面)に乗せて押し込むことができることです。フェースに乗ったボールを長く押し込められれば、力を伝えやすくなり、飛距離を伸ばせます。

ボールを捕まえるためにはフェースローテーションが必要です。インサイドインのスイング軌道では、フェースは「開いた状態」「正面を向いた状態」「閉じた状態」の順で弧を描きます。

内側から入ったフェースに対しボールは外側に飛ぼうとしますが、そのときフェースを閉じボールが外側に逃げないようにすることでボールを捕まえた打球が打てます。

1:リストターンを使った打ち方

リストターンとはインパクトゾーン前後で手首を返す動きです。うまくリストターンが出来ればフェースローテーションがスムーズになります。

リストターンを使いボールを捕まえるには、インパクト直後にフェースを閉じる意識が重要です。意識せずにスイングすると、フェースが開いたままボールを飛ばすため、ボールが右に飛びスライスにつながります。

またグリップの握り方が「ウィークグリップ」になっているとフェースが開きやすく、リストターンが失敗しやすいです。スクエアグリップやフックグリップに変えることで改善できます。

2:インサイドインのスイング軌道を身につけること

真上から見たスイング軌道が「インサイドイン」になれば、クラブヘッドが内側から入り内側に抜けるため、ボールを捕まえやすいです。

ボールを捕まえられない原因の1つが外側からクラブヘッドが入る「アウトサイドイン」のスイング軌道です。アウトサイドインのスイングをする人は、アドレス時とインパクト時に左肩が開いている場合が多いです。構えた時と振り抜くとき、右肩が前に出ていないか意識することで改善できます。

ボールを捕まえる時やってはいけないこと

手元だけで無理にボールを捕まえようとすると、フェースローテーションのタイミングが合わず、飛距離の低下とミスショットにつながります。特にリストターンは手元だけでフェースを閉じるのではなく、グリップの仕方を変えることで自然とフェースが閉じるスイングを目指しましょう。

ボールを捕まえられるようになると飛距離が伸び、ボールがまっすぐ飛びます。グリップやスイング軌道などのスイングの根幹を改善することで、自然と正しいフェースローテーションとなり、ボールを捕まえられます。スイングを見直して、ボールを捕まえられるようになってみてはいかがでしょうか?